リンク

  • 櫻井一雄の気ままなホームページ!
    素敵なギターと、独特の 世界観を持つ歌を綴る 櫻井一雄氏のHP。
  • サムロ・フォトクラブの活動発表のページ!
    渋いギターと、なんだか懐かしい感じに 浸れるTanny氏の参加されている、 フォトクラブのHP。
  • My Pure Heart
    お仕事の合間を縫って、写真の作品を発表されているお知り合いのサイト。僕自身インスピレーションを受ける写真が数多くあります。 写真については、一部、販売もされてらっしゃいます。
  • jkatz.net
    今、僕が最も敬愛しているミュージシャン、ピアニスト の一人。ジョナサン・カッツ氏の公式ホーム・ページ。 彼と会う時は、ほとんど音楽やピアノ談義。 そして、とてもいい人なのです。 彼のプレイと、人間性は、僕のお手本。
  • Cubic Sound Factory
    Cubic Sound Factory…常にパフォーマンスを続ける 積極的な、熱いユニット。ベース担当のふくっちょ君の サウンドの上をシャーマンの様なUmiちゃんのボーカル が舞う。二人のステージは儀式の様に神々しい。
  • ピアノの先生、つれづれ日記
    今、ピアノを教えて貰ってる先生のブログ。 出来の悪い僕の様な生徒に我慢強く、音楽を 教えてくれるタフな先生。 又バッハ~ジェフ・ベック…いや もっと音楽への理解の幅が広い! 尊敬します。はい。
  • 椿の小部屋
    以前、プライベートの録音に参加したバンドの ボーカルさん。繊細なんだけど気持ち一発の いさぎよいボーカルが魅力。
  • Tribal Voice Music
    知り合いの民族楽器奏者さんが立ち上げた、 音楽、落語、演劇etcのイベント等を企画、運営 するプロダクションの、熱いホーム・ページ。 インターネットラジオは、なかなかコアな内容。
  • Takashi-Satoshi XP SP2 web site
    僕が参加しているTakashi-Satoshi XP SP2というバンドのホームページ
  • 零細社長のプログレッシブ日記
    僕が参加しているバンド、Takashi-Satoshi XPSP2のボーカルさんのブログ。本人曰く「え~と、2006年の2月1日から、零細企業の代表取締役となった「おやぢロッカー」兼「プログレ歌詞評論家」兼「大阪市内さんぽ人」による、気まぐれ日記。 」
  • こんなんできました
    僕が参加させていただいているゴスペル・クワイアの シンガーunilambさんの、よだれが出るほど美味しそうな ブログ
  • FunkyベーシストマサキのHP
    情熱溢れるベーシスト、マサキ氏の熱いホームページ。
  • みほママのあったからいふ
    僕が伴奏させてもらっているゴスペル・クワイアに参加しているママさんシンガー、みほさんのあたたかな、日常。
  • 音楽の有る里
    音楽と子育ての二刀流、情熱的お母さんシンガー有里さんの愛に溢れたホーム・ページ。
  • naan
    関東で活躍している友人、sunaguchi氏のバンド。
  • Singer TETSUNARI
    シンガーTetsunariの活動や日々の想いを残していきます!!
  • 貴為和以
    超絶ギタリスト、ドイ氏の愛情溢れる日常。
  • 酒とバラの日常
    凄腕ドラマーyamaguchi氏の華麗なる日常。
無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月31日 (月)

奈良にて納め、よいお年を

今年最後の演奏は、久々にカウントダウンライブに参加。

奈良は新大宮にあるBillyさんでのライブ。

昨日は蕎麦、今日の昼間は百人一首の番組を観て、改めて日本の情緒に触れる。

明日は、国宝東大寺へカウントダウンライブの出演者さん達、Billyさん達と初詣の予定。

来年のテーマは情緒って感じで呼ばれてる感覚。

蕎麦屋で昼呑み

前から友人と、蕎麦屋で呑みたいと話していた企画を本日実行した。

一度も行った事が無いお店だが、道頓堀にある、星屋(あかりや)というお店

写メの音が野暮なので、食べログから、どうぞご確認を。

星屋
http://s.tabelog.com/osaka/A2702/A270202/27017946/dtlrvwlst/896136/

お店に入ると、道頓堀の喧騒から切り離された様に静かで、落ち着いた雰囲気。

黙々と料理を作る大将と、愛想のよい女将さんだけのお店。

一品料理のやき味噌、出汁巻き、おろしなめこ、天ぷら盛り合わせ等がとにかく美味しい。

お酒をゆっくり呑みながら、友人達とゆっくりとした時間を過ごす。

焼かれた味噌、辛めの大根おろしと絡まれたなめこをつまみながら、日本酒、焼酎をちびりちびりとやる。

日本に産まれてよかった〜と、しみじみ感じる。

〆で、お蕎麦を食す。

鴨汁蕎麦を食し、蕎麦湯も後で飲む。

蕎麦湯が、つけ汁とからまり、マイルドな味わい。

蕎麦を食べている最中に、大将が徐に蕎麦を打つ。打ち立ての蕎麦のなんと美しい事か。

今年の最後に、いい時間を過ごした。

来年も是非足を運びたい店を見つけた。

2012年12月30日 (日)

新たな刺激

昨日、天満音小屋さんでの
ライブは、以前どこかのライブハウスやライブバーで共演したりしたシンガーソングライター達だった。

ギターの弾き語りという共通点があるが、吉村さんはロックを感じる情熱、後山さんは柔らかく、詩人だった。ねいとんさんは、アイリッシュがベース。
ギターの伴奏を聴いていたら、フィドルのメロディが聴こえてきた。

聴く側として、全く飽きなかった。

この素晴らしいシンガーソングライターの方々と、また機会を同じく出来たらと思う。

いい1日だった。

2012年12月29日 (土)

仕事は納めるが、まだまだライブは納めない。

昨日は世間の仕事納めに、久し振りに参加し、今日は久々に昼間から、ライブ。

日本一長い天神橋筋商店街、六丁目にある、音太小屋さんでライブっす。

天満音太小屋
http://www.eonet.ne.jp/~netagoya/

14時スタート、1500円で1drink付

僕は15時位からスタートです。

関西で活躍するシンガーソングライターさんたちの中で、歌わない僕が参加します。

是非とも遊びにいらしてください。

2012年12月23日 (日)

ぶつかる気持ちよさ

弦楽のフレーズは、ヨーロッパ調。バッキングのピアノは、ペンタトニック。ぶつかり合う気持ちよさ、一瞬の不協和音から協和音になる快感がある。

concert in F

ガーシュインのピアノ協奏曲ヘ短調。バックビートなのに、フレーズがカントリーっぽいんだけど、洋輔さんが弾くノリがswingしてるな~、然り気無くフリーの匂いも醸し出してる。

In The Mood

母親がクラリネット吹いていた。グレン・ミラー楽団のレコード持ってて、僕はそのレコードに魅了された。初めて自分のアルバイト代で行ったコンサートは、グレン・ミラー楽団のクリスマスコンサートだった。今でもビッグバンドを聴くと、グッとくる。

ニューオリンズ~上海

ニューオリンズ~上海間の海路があったから、上海にjazzが来たのか~。ニューオリンズで演奏していたjazzmanが上海に来るって、大冒険だったんたろうな~。

大正12年!

題名のない音楽会を観ている。神戸が日本のjazzの発祥と聞いていたが、まさか、大正12年とは~

カウントダウンライブ

奈良は、新大宮にあるアコースティックライブバー、Billyさんのカウントダウンライブに参加させて頂きます。
http://s.ameblo.jp/billy34/

今年は最後まで演奏。初詣は国宝!来年も音楽が最優先。

2012年12月19日 (水)

池上無双と、呼ばれたらしい。

先の選挙番組で面白いと、思っていた池上彰さんの選挙番組。好評価だったらしい。題して「池上無双」 http://b.hatena.ne.jp/articles.touch/201212/12010

2012年12月16日 (日)

池上さんが、当選者に対して怒らせようとするインタビューに、一味違うな~と、感じる。流石、経済のスポーツ新聞が母体のテレビ局。

通貨じゃなかった、通過だった(ToT)

普段歩かない橋

普段、電車で通貨する橋が、実は徒歩でも渡れるとの事で、先日試しに歩きました。いつもの景色が新鮮に見える!

選挙行ったら

これ、貰いました~

行ってきました

選挙、遅れ馳せながら行ってきました。

会場だったので、近所の小学校にも久々に入りました。小学校って、新鮮だな~

2012年12月14日 (金)

冬のソロライブ

12月29日に、知る人ぞ知る
天神橋筋六丁目にある、天満音太小屋さんで、ライブさせて頂きます。

今回、共演者の方々を眺めると、色んな所でライブでご一緒した方々がほとんど。

天満音太小屋

http://www.eonet.ne.jp/~netagoya/

1500円(1drink付)

14:00、天満の哲さん
14:30、吉村 孝平さん
15:00、萩田 紀一郎
15:30、後山 直大さん
16:00、おこめチャンさん
16:30、ねいとんさん

関西の色んな場所で歌っているミュージシャンの皆さんの中で、唯一歌わない僕ですが、
感じて頂けたらと思います。

年末、昼間のライブですが、
是非遊びにいらして下さい。

2012年12月12日 (水)

2、3ヶ月に1度は、東京なり遠出してたんで、3ヶ月以上遠出してないと、何か物足りなくなってくる。

一駅、ラッシュなしとは、こんなに気楽なのか。通勤中にふと思う。

2012年12月11日 (火)

BTTB

ひとつ落ち着いて、気分はBTTB(Buck To The Basic)

2012年12月10日 (月)

座席ソールドアウトだそうです。
是非お早めにお越しください。本日、
心斎橋、酔夏男
http://r.goope.jp/yokanise
PeSe×メガネイヌ 2マン
open/start 19:00/19:30
add/day ¥2500/¥3000(1ドリンク別)

本日はPeSeさんのライブで演奏しま〜す

本日は心斎橋にある、酔夏男さんで、シンガーさんのPeSeさんのライブで演奏します。

若手漫才師の、あついおちゃさんの出囃子にも初挑戦です。

2012/12/10

心斎橋、酔夏男(よかにせ)

http://r.goope.jp/yokanise

PeSe×メガネイヌ 2マン!

open/start 19:00/19:30

add/day ¥2500/¥3000(1ドリンク別)

※どなたでも、500円割引

この日は、「あついおちゃ」という、若手の漫才コンビもライブの合い間に登場します

初の出囃子に挑戦かも!

2012年12月 9日 (日)

水掛不動

ふと、思い立ち、法善寺の水掛不動さんに、会いに行きました。この辺りは、タイムスリップした様な雰囲気です。


2012年12月 5日 (水)

和田アキ子さんとMIYAVIの「古い日記」のセッション、かっこよかったな~

ゴスペラーズと絡めるテゴマスって、すごいな~

YUIさんの声色が、何となくユーミンが荒井由実だった頃の声色に似ている気がする。

米米クラブは、色褪せない。倉木さんと、マッチメイクは、倉木さんには、酷じゃないかな?

小柳ゆきさんと、デーモン閣下は、歌唱力の力だな~

FNS歌謡祭を初めてじっくり観たのは、初めてだな~

今日は、風邪のひきはじめで薬飲んで寝ながら、書き込みや、ツイートしてました。ヤマ場に薬飲んで、栄養あるもの食べて、しっかり眠ったら、かなり身体の回復が変わるんだな~っと、実感致しました。全快まで、後少し。ゴロゴロするど~

型破りな演技は、型を知らずにはできない型を知らずにやるのは、型なしというのだ。歴史の長い芸の世界には頭が下がる。坂東玉三郎さんの師匠、中村勘三郎の言葉との事。

今を生きる。

早朝、中村勘三郎さんが
亡くなられた事を知る。

いつか、観に行けたら。
いつか、観れる。

と、思ったらこれだ。

歌舞伎の世界は梨園の世界と言われる。

子供の頃、閉じられた世界、
芸術、芸能の博物館の様に感じていた。

中村勘三郎さんが、まだ中村勘九郎という名前で出てらっしゃった時、テレビで観ていて、まるで江戸時代の歌舞伎役者って、こんな人たったのかな〜なって、思っていた。

江戸時代の歌舞伎小屋を再現させて、東京やニューヨークで公演している時には、本当に江戸時代からタイムスリップした役者さんなんじゃないかな〜って、思うほど、中村屋の小屋とニューヨークの街並みはアンバランスで、でもニューヨークだからか?景色に馴染んでいた。

いつか、観れると思っても、いつ観れるか解らない。

観ない後悔より、観て苦労を味わった方が、まだ耐えれる気がする。

中村勘三郎さん、まさか。ご冥福をお祈りいたします。合掌。

2012年12月 2日 (日)

本日は、CHiCHiのライブが心斎橋であります

本日は、心斎橋にある
酔夏男(よかにせ)さんで、
参加しているバンド、
CHiCHiのワンマンライブがあります

2012/12/02
酔夏男
http://r.goope.jp/yokanise

open/start 18:00/19:00

add/day ¥2000/¥2500(1drink)
※CD付

食べ物、飲み物が美味しく、
ゆったり、リラックスしながらステージを観て頂けます

是非とも遊びにいらしてください

五重奏

題名のない音楽会で、
ゴマラン・ブラスという
イタリアの金管の五重奏の
演奏を聴いている

トランペット×2
トロンボーン
ホルン
チューバ

確りした演奏技術
歌心、まるで演者が歌っている様に、メロディが響く
カンタータの様
メロディのパルスが心地いい
ハーモニーのアンサンブル
etc

金管5人しかいないのに、
何て豊潤で、楽しいステージ
なんだろう

彼がインタビューの中で、上手くなるには、練習、レンシュウ!いっぱい練習!と、話していた

納得です

王道は無い

2012年12月 1日 (土)

ツィゴイネルワイゼン

鈴木清順監督のツィゴイネルワイゼンを観た

難解で、抽象的だが、
一つ一つのシーンが美しかった

娯楽だけが映画じゃない

難解だから偉い訳じゃない

鈴木清順監督の手法が認知され、一流の役者が集い、摩訶不思議な世界が描かれているのが、すごい

監督だけじゃなく、演じもする

実写だけじゃなく、アニメーションも監督する

すごい人だ

夢二借りた

陽炎座も観たいな〜

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31