リンク

  • 櫻井一雄の気ままなホームページ!
    素敵なギターと、独特の 世界観を持つ歌を綴る 櫻井一雄氏のHP。
  • サムロ・フォトクラブの活動発表のページ!
    渋いギターと、なんだか懐かしい感じに 浸れるTanny氏の参加されている、 フォトクラブのHP。
  • My Pure Heart
    お仕事の合間を縫って、写真の作品を発表されているお知り合いのサイト。僕自身インスピレーションを受ける写真が数多くあります。 写真については、一部、販売もされてらっしゃいます。
  • jkatz.net
    今、僕が最も敬愛しているミュージシャン、ピアニスト の一人。ジョナサン・カッツ氏の公式ホーム・ページ。 彼と会う時は、ほとんど音楽やピアノ談義。 そして、とてもいい人なのです。 彼のプレイと、人間性は、僕のお手本。
  • Cubic Sound Factory
    Cubic Sound Factory…常にパフォーマンスを続ける 積極的な、熱いユニット。ベース担当のふくっちょ君の サウンドの上をシャーマンの様なUmiちゃんのボーカル が舞う。二人のステージは儀式の様に神々しい。
  • ピアノの先生、つれづれ日記
    今、ピアノを教えて貰ってる先生のブログ。 出来の悪い僕の様な生徒に我慢強く、音楽を 教えてくれるタフな先生。 又バッハ~ジェフ・ベック…いや もっと音楽への理解の幅が広い! 尊敬します。はい。
  • 椿の小部屋
    以前、プライベートの録音に参加したバンドの ボーカルさん。繊細なんだけど気持ち一発の いさぎよいボーカルが魅力。
  • Tribal Voice Music
    知り合いの民族楽器奏者さんが立ち上げた、 音楽、落語、演劇etcのイベント等を企画、運営 するプロダクションの、熱いホーム・ページ。 インターネットラジオは、なかなかコアな内容。
  • Takashi-Satoshi XP SP2 web site
    僕が参加しているTakashi-Satoshi XP SP2というバンドのホームページ
  • 零細社長のプログレッシブ日記
    僕が参加しているバンド、Takashi-Satoshi XPSP2のボーカルさんのブログ。本人曰く「え~と、2006年の2月1日から、零細企業の代表取締役となった「おやぢロッカー」兼「プログレ歌詞評論家」兼「大阪市内さんぽ人」による、気まぐれ日記。 」
  • こんなんできました
    僕が参加させていただいているゴスペル・クワイアの シンガーunilambさんの、よだれが出るほど美味しそうな ブログ
  • FunkyベーシストマサキのHP
    情熱溢れるベーシスト、マサキ氏の熱いホームページ。
  • みほママのあったからいふ
    僕が伴奏させてもらっているゴスペル・クワイアに参加しているママさんシンガー、みほさんのあたたかな、日常。
  • 音楽の有る里
    音楽と子育ての二刀流、情熱的お母さんシンガー有里さんの愛に溢れたホーム・ページ。
  • naan
    関東で活躍している友人、sunaguchi氏のバンド。
  • Singer TETSUNARI
    シンガーTetsunariの活動や日々の想いを残していきます!!
  • 貴為和以
    超絶ギタリスト、ドイ氏の愛情溢れる日常。
  • 酒とバラの日常
    凄腕ドラマーyamaguchi氏の華麗なる日常。
無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月24日 (金)

ライブ告知2

2011/07/10

Kiichiro SOLO LIVE @天満寅蔵ライブパーティー

普段お世話になっている、天満寅蔵さんのライブパーティーに、久々に、ソロで演奏させて頂きます

天満寅蔵
http://www.tenmatorazo.com

3500円で、飲み放題、食べ放題

僕以外にも、数多くの素晴らしいシンガーさん、シンガーソングライターさん、プレイヤーさんも登場致します

お時間ある方、音楽を聴きながら浴びる程お飲みになりたい方、是非遊びにいらして下さいねm(__)m

ライブ告知1

2011/07/02 Kiichiro SOLO LIVE @Bar STILL
charge:\0-
投げ銭制
※前回同様、東日本大震災義援金として、日本赤十字社へ、送らせて頂きます

Bar STILL
http://still.maffy1996.com/

今回、1st mini album“NEW MOON”のレコ発です

CDとDVDの2枚組で\500-

カバー有り、オリジナル有りでお楽しみ頂けたらと思います

宜しくお願い致します

2011年6月23日 (木)

大山崎美術館の睡蓮

大山崎美術館の睡蓮
先日、大山崎美術館へ足を運んだ。

そこで見かけた睡蓮…

静寂は美しい。

2011年6月22日 (水)

ウーリッツァー…

古くは、カーペンターズ、ダニー・ハザウェイが演奏した、ウーリッツァーのエレクトリック・ピアノ、音色、タッチ共に最高〜

2011年6月20日 (月)

再会

昨日は、知り合いのシンガーソングライター、木下徹君のワンマンライブのサポートとして、ライブに参加した

彼のライブに数多くのお客様が来場され、非常に盛況であった

彼が憧れた街の弾き語りのお兄さんも来られていたそうで、突然のサプライズに、嬉し涙を流していた

それを見ながら、貰い泣きしていた僕は、感動しながら、前は泣かなかった…年なのかな…と感じていたが、年を重ねて、自然に貰い泣きするのも、悪くないな…と感じている

年を重ねる事は、経験を積み、より多くの心模様を知る

悪くない

2011年6月17日 (金)

ライブ情報:サポート編

僕は普段、人を羨む事は無いのだけれど、彼の作品には、羨ましいというか、誤解を産むかもしれないが、音楽の神様に愛された男だと、たまに嫉妬を感じる

そんな男のワンマンライブに、サポートとして参加します

2011/06/19

「思い立ったが吉日、木下徹ワンマンライブ」

OPEN/13:00
START/14:00

アプリ甲東・大ホール
阪急電鉄、甲東園駅すぐ

前売:2500円
当日:2800円
※ミニ・アルバム
「そうだぜベイベー」付き

オープニング・アクト
藤村竜馬

木下徹
サポート:Kiichi

彼の歌は、とても染みます

お時間ある方は是非遊びにいらして下さい
m(__)m

2011年6月12日 (日)

“From me flows what you call time”

題名の無い音楽会で、武満徹氏の“From me flows what you call time”という曲を、ベルリン・フィル演奏、佐渡裕さん指揮で聴く

音の表情が、豊富だ

2011年6月11日 (土)

ここでしか、出来ない事…

ここでしか、出来ない事…
烏丸Blue Eyesさんでのライブを観に来て頂いた方々、足下の悪い中、お時間を割いて頂き、本当に有難う御座いました縨

今年の1月、ここから始まったソロライブで、人生初の1st mini albumを携えて戻ってこれたのは、非常に嬉しかったです

そして、BlueEyesさんには、他のライブハウス、ライブバーに無い、素晴らしいシンセサイザー達があります

そのシンセサイザーを使い、実際の演奏にシンセサイザーで作った生楽器では決して作る事が出来ない音を組み合わせ、かつ即興で演奏しながら、音を加工する

この様なパフォーマンスが出来る会場は、僕の知る中では、烏丸BlueEyesさん以外にありません

また、烏丸BlueEyesさんで、他の会場では、出来ない事を行えたらと思います

ピアノだけじゃ…
過激じゃない…とお感じの方、是非とも次回遊びにいらして下さい縨

2011年6月10日 (金)

初のCDデス

初のCDデス
初のCDデス
初のCDデス
人生、初のCDです縨

CDとイメージ映像も併せてお楽しみ頂けるDVDの2枚組で500円!

初のミニ・アルバム
「New Moon」

何卒宜しくお願い致します縨

6月10日(金) More Music vol.65

烏丸Blue Eyes
http://www.wm-diners.com/blueeyes.html

open18:00 start19:00 charge¥1200(1drink¥500別途)
出演:ねいとん / Kiichiro / Jilly / 栗本英明

19:00ねいとんさん
19:40Kiichiroさん
20:20Jillyさん
21:00栗本英明さん

いよいよ本日

初のミニ・アルバムは2枚仕様

音だけのオーディオ版と、パソコンで再生すると、映像と音版の2枚組です

6月10日(金) More Music vol.65

烏丸Blue Eyes
http://www.wm-diners.com/blueeyes.html

open18:00 start19:00 charge¥1200(1drink¥500別途)
出演:ねいとん / Kiichiro / Jilly / 栗本英明

19:00ねいとんさん
19:40Kiichiroさん
20:20Jillyさん
21:00栗本英明さん

天気予報は生憎の雨ですが、遊びにいらして下さいね

2011年6月 5日 (日)

遥か高み

佐渡裕さんとベルリン・フィルハーモニー、フルトヴェングラー、カラヤン、このやり取りと同じ戦慄と、遥か高みを感じた(天下無双)を感じたやり取り

現在の坂東玉三郎さんと、ヨーヨー・マが、バッハの無伴奏チェロソナタをベースに、チェロの演奏と坂東玉三郎さんの舞のコラボレーションで舞台を構成する練習風景だった

言葉が直接伝わらない二人が、通訳さんの何となくの翻訳の一部と音、舞のフレーズを交換しながら、高みに昇って行く様は、天下無双を感じた

天下無双

「題名の無い音楽会」で観た、ベルリン・フィルハーモニーと佐渡裕さんのやり取りに、フルトヴェングラー、カラヤンとベルリン・フィルの映像に、天下無双を強く感じる

2011年6月 2日 (木)

増えていく課題…

どこかの国の話ではなく、自分自身

6/10に販売予定のCDのデザインを頼む友人と、デザインの概要を話したり、近況を話し合いながら、食事中に、ふと友人から、「曲増やさないとね。」と、指摘される。

作品を増やしていく必要がある

CD、フライヤーのデザインを話し合いながら、曲を作る

曲を作れば、ライブだ

マグロかサメになった様な気分だが、自分の事だし、泳ぎきろう

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31