リンク

  • 櫻井一雄の気ままなホームページ!
    素敵なギターと、独特の 世界観を持つ歌を綴る 櫻井一雄氏のHP。
  • サムロ・フォトクラブの活動発表のページ!
    渋いギターと、なんだか懐かしい感じに 浸れるTanny氏の参加されている、 フォトクラブのHP。
  • My Pure Heart
    お仕事の合間を縫って、写真の作品を発表されているお知り合いのサイト。僕自身インスピレーションを受ける写真が数多くあります。 写真については、一部、販売もされてらっしゃいます。
  • jkatz.net
    今、僕が最も敬愛しているミュージシャン、ピアニスト の一人。ジョナサン・カッツ氏の公式ホーム・ページ。 彼と会う時は、ほとんど音楽やピアノ談義。 そして、とてもいい人なのです。 彼のプレイと、人間性は、僕のお手本。
  • Cubic Sound Factory
    Cubic Sound Factory…常にパフォーマンスを続ける 積極的な、熱いユニット。ベース担当のふくっちょ君の サウンドの上をシャーマンの様なUmiちゃんのボーカル が舞う。二人のステージは儀式の様に神々しい。
  • ピアノの先生、つれづれ日記
    今、ピアノを教えて貰ってる先生のブログ。 出来の悪い僕の様な生徒に我慢強く、音楽を 教えてくれるタフな先生。 又バッハ~ジェフ・ベック…いや もっと音楽への理解の幅が広い! 尊敬します。はい。
  • 椿の小部屋
    以前、プライベートの録音に参加したバンドの ボーカルさん。繊細なんだけど気持ち一発の いさぎよいボーカルが魅力。
  • Tribal Voice Music
    知り合いの民族楽器奏者さんが立ち上げた、 音楽、落語、演劇etcのイベント等を企画、運営 するプロダクションの、熱いホーム・ページ。 インターネットラジオは、なかなかコアな内容。
  • Takashi-Satoshi XP SP2 web site
    僕が参加しているTakashi-Satoshi XP SP2というバンドのホームページ
  • 零細社長のプログレッシブ日記
    僕が参加しているバンド、Takashi-Satoshi XPSP2のボーカルさんのブログ。本人曰く「え~と、2006年の2月1日から、零細企業の代表取締役となった「おやぢロッカー」兼「プログレ歌詞評論家」兼「大阪市内さんぽ人」による、気まぐれ日記。 」
  • こんなんできました
    僕が参加させていただいているゴスペル・クワイアの シンガーunilambさんの、よだれが出るほど美味しそうな ブログ
  • FunkyベーシストマサキのHP
    情熱溢れるベーシスト、マサキ氏の熱いホームページ。
  • みほママのあったからいふ
    僕が伴奏させてもらっているゴスペル・クワイアに参加しているママさんシンガー、みほさんのあたたかな、日常。
  • 音楽の有る里
    音楽と子育ての二刀流、情熱的お母さんシンガー有里さんの愛に溢れたホーム・ページ。
  • naan
    関東で活躍している友人、sunaguchi氏のバンド。
  • Singer TETSUNARI
    シンガーTetsunariの活動や日々の想いを残していきます!!
  • 貴為和以
    超絶ギタリスト、ドイ氏の愛情溢れる日常。
  • 酒とバラの日常
    凄腕ドラマーyamaguchi氏の華麗なる日常。
無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月30日 (水)

2週間で15曲余り上物やれなんて、バカげてる

歌謡曲の上物コピー、腹が立ってきた。
鍵盤おるんやったら、ウワモノもピアノとレイヤーさせて、一人でやれや…
はぁ〜…ムカつく

仕事納め…

今年最後の仕事、
出勤する服装は、カジュアルでもいいとの事だったが、多少気持ちも締まるかと思い、スーツで出勤。

来年こそは、自分のオリジナルを多く演奏出来る様に動こう。

自分が心から一緒に演奏したいミュージシャンと演奏しよう。

自分に正直に生きよう。

行動が全て…

自分への戒めだが、
人は、「行きたいです。」「やりたいです。」と意志は好きに言う。でも、そんな言葉は極端な話何の意味も無い。

「行きたい。」じゃなく実際に行きたい所に来た。
やりたいじゃなく、現場に来てやってる。しか、人に伝わらない。
来なかった人、やらなかった人は、皆事故弁護の様に理由を述べる。
どんな立派な理由を述べた所で、言い訳。
しなかった、行かなかった事実は変わらない。

死ぬまで言い訳し続けるしかない。
それは、端からみたら「惨め」だけでしかない。

2009年12月29日 (火)

憧れた人は、いつもいない…

最近、フジファブリックの志村さんというボーカルが亡くなったとの事で、周辺の人達の中には、落ち込んでいる人達が一部いる。
僕はフジファブリックというバンドの音を聴いた事が無いので、
何とも言う資格は無い。
僕が憧れている人の大半はすでに、この世にいない人だ。
最初にjazzpianoの魅力を知ったビル・エバンスも、アート・テイタムも、和声のかっこいいラヴェル、ラテンのリズムを知ったティト・プエンテも、作った音楽のかっこよさを知った時には、もういなかったマイルス・デイヴィスも、classicpianoの魅力を教えてくれたウラディミール・ホロヴィッツも、ウィルヘルム・ケンプも既にいない状況で、音を知ったので、いない事に慣れてるのかもしれない。
生きてるのは、坂本龍一さん、ハービー・ハンコック、ジョナサン・カッツ、チューチョ・バルデス、ゴンサロ・ルバルカバ等

昔がよかったと言ってる訳では無い。
音を知って、好きになった時には、既にこの世にいないという、どうしようも無い状況に慣れてきただけかもしれない。

2009年12月28日 (月)

ちゃんこ鍋から参鶏湯

今日は夕飯、ちゃんこ鍋の予定だったが、この時期、鍋の美味しい店は予約しなければならない様で、なかなか店が見つからない。
そんな中、偶々見つけた韓国料理店の看板にサムゲタンとあり、入ってみたら、騒々しくなく、落ち着いた感じでいい感じ。
サムゲタンは参鶏湯と書く。
鳥肉の中に餅米、高麗人参、なつめ等の漢方を入れて骨が箸で触れただけ崩れる位に煮込む。韓国では滋養強壮、風邪をひいた時に食べるらしい。
店のサムゲタンは骨が崩れる程では無かったが、細い骨は簡単に崩れる位の煮込まれ方だった。
写真を撮ればよかったんだが、テーブルに来た瞬間我慢出来ず食べてしまった。
味はさっぱりしているが、食べると身体が暖まる。
いい店を近所で見つけた…

2009年12月27日 (日)

相手によって、弾き方を変える…

今日のJANGLEJAMとのライブは無事に終わった。

上物として組む、ギターのスミ〜ス氏から
「弾き方が変わった。鋭くなった。」との、評価を貰った。

彼は今まで演奏したギタリストの中で、印象に強く残る、素晴らしいギタリストの一人なんで、素直に嬉しかった。

バンドのスタッフとして一緒に来ていた人からも、初めて弾いた時と全くの別人で、弾き方がJANGLEJAM仕様になってきたんじゃないか。という評価を貰った。

ここ一年、時に大阪、時に関東と一緒に演奏させて貰い、共に好きな音楽を聴き合い、
酒を呑んだりしてきたからか、好きな音の傾向が見えてきつつあるなかもしれない。

自分の知らない内に、何か一つ解ってきつつある一日だった。

でも、当然ミスも気づいている。
一挙に全部は出来ない。一つ一つ、積み上げていこう。

2009年12月26日 (土)

ライブ告知

766_2 Lhim0002_2

明日、パンセホールにて
東京のバンド、JANGLEJAMと
一緒に演奏させて頂きます。

強力なドラム、
パワー溢れる歌姫、
歌う様なギタリスト
が一堂に会した
強烈なアンサンブルです。

もしお時間がありましたら
是非遊びにいらして下さい。

JANGLEJAM公式ホームページ
http://janglejam.qee.jp/

パンセホール公式ホームページ
http://www.geocities.jp/pensee1990/page003.html

2009/12/27(日)

「2009年末イベント」

OPEN/16:00
START/16:30

前売\1,600-
当日\1,900-
別途D代

出演
JANGLEJAM(東京)
月天心
(有)Shiho
Loose Peeps
TURBINES DRIVES(東京)
yuk↑
TRIVAL RISE(名古屋)

明日は久々に休み…

明日は今年最後の日曜休み…

予定は元々入っているけど、休みっていうのが嬉しい

昨日、買ったYMOのスペインでのライブアルバムをゆっくり堪能しよう…

心地よいノイズに身を委ねよう…

2009年12月25日 (金)

これが目当て…

これが目当て…
これが目当て…
これが目当て…
今日は仕事の後、“POST YMO”というYellow Magic Orchestraの去年のLONDON、SPAINでの公演のライブフォトと、坂本龍一さんの新作“OUT OF NOISE”のLONDON recordingでのショットの展覧会が最終日で、観に行った。全てが美しく、クリエイティブでポップだった
もうホントに、自分の作品ちゃんとやんなきゃダメだ
その為に必要な勉強や演奏は受けてもいいが、自分の美しいモノに反した事に時間を割いてはいけない
スポイルされる…

蝋燭のオブジェは会場の隣にあったもの。
道向かいはリーガロイヤルホテル
最後の光の道は、京阪電車、中之島駅の通路…
やるじゃん、京阪電車

嫌悪感…

歌謡曲20曲弱、上物のコピー…
なんか無性に腹が立ってきた。
これやったら、また誘ってくるんかな…
二度とこんな話振って来ない様にしてやろうか…

携帯電話からも聴ける様にしたのに…

デモを携帯電話から聴ける様にしたのに、相変わらず「携帯電話なんで聴けない。」とのメッセージ…
登録間違えたか?と
思って、自分の携帯から聴いてみたら聴けた…
解らないなら、携帯のショップで聴いてみるとか、自分の力でなんとかしてみるとか、考えないんだろうか?

最近は、何でも用意してくれる様なサービス過剰が当たり前?

川を越える…

昨日は馴染みの居酒屋の忘年会…
終電を逃し、徒歩で淀川を越えて帰宅…
深夜の川越えは、寒さが身に染みる…
寒さが身に染みる中、酔いながら歩く…
そんな夜はYMOのTECHNOPOLISとRYDEEN、BEHIND THE MASKを歌ったりして歩く…
う〜ん、大迷惑…

2009年12月23日 (水)

デモを携帯電話で聴ける様にした…

昨日から、携帯電話でデモの一部を聴ける様にした。

http://m.myspace.co.jp/index.php?action_profile_profile=true&require_userid=1004475926

から聴く事が出来る。
メンバー募集のコミュニティへの記事には、デモソングを試聴出来るサイトのURLをつけてはいるが、パソコンでしか聴いて貰う事が出来なかった。
連絡を貰える人の中には、パソコンを持ってない人がいる。
全部とは行かないが、一部だけでも聴いて貰える事で、デモ聴いてませんとは、言わせない…

2009年12月22日 (火)

バックコーラスは難しい…

昨日のスタジオでバックコーラスして欲しいとのリクエスト。

普段は断っているのだが、無下に断るのも気が引けるシチュエーションで、挑戦。

歌詞が内容の無い記号の様な雰囲気。

軽く歌う。

でも弾きながら歌う事に慣れてない為、
演奏がおろそかになって、ふと弾き間違える…

弾きながら歌うのは、本当に難しい。
自分の声の音色は、
音楽的じゃないな…

2009年12月21日 (月)

愛情の反対は無関心…

どうでもいいと思いながら、裏で悪口を言いながら、表向きに付き合うのは、どうかと思う。

愛情の反対は無関心…

かのマザーテレサは、「愛情の反対は無関心。」と言われたらしい。
実質的にはどうでもいいのに、表向きにだけ相手する事と、
どうでもいい人は、
最初から相手しない。
どちらがいいのか?
どうでもいい人に、
時間や心を割くのは、無駄な事だと僕は思う。

暫くカレー…

昨晩は、多くのお客様が来店して頂いて、
「ぱ(PA!)」の人気を改めて感じる一夜だった。
その中振る舞われた、カレーも好評だったのだが、若干作り過ぎたとの事で「カレー」をお持ち帰り…
家でのご飯は今日から暫くカレー、続きます。

2009年12月20日 (日)

今日の相棒…

今日の相棒…
今日の相棒は、グランドピアノ…

一番ストレスを感じない、素敵な相棒

嬉しい組み合わせ

今日は日曜休み。
8:55から「くるねこ大和」
9:00から「題名の無い音楽会」
素敵な組み合わせ

2009年12月19日 (土)

ライブ告知

Pa

明日、12/20

神戸BIGAPPLEというライブハウスで、
「ぱ(PA!)」という
ギターのインストトリオのレコ発の
ワンマンライブにお手伝いで、参加させて
頂きます。

この日はこのバンドのリーダーである、
凄腕ドラマー藤森るー嬢の演奏だけでなく、
オリジナル・カレーも堪能頂ける、
特別ライブです。
お時間のある方は、是非遊びにいらして下さい

「ぱ(PA!)」公式ホームページ
http://www.oto-san.jp/pa/index2.html

2009/12/20

神戸BIGAPPLE
http://www.bekkoame.ne.jp/i/big-apple/

『 ぱ(PA!) レコ発&クリスマス&カレーライブ 』
藤森るー(ds,カレー調理人) 大野 義彦(g) 西尾"BUN"博文(b)

OPEN:18:30
START:19:00

1st、2ndステージと分かれておりますので、
スタートに間に合わないかも…という方も
是非遊びにいらして下さい

2009年12月18日 (金)

自分の音楽を…

自分の音楽、やってるか?
やってないな…

自分の音楽をやりたい…

当分やらない…

大晦日、裏紅白手伝ってくれと言われ、届いた音源が20曲弱…

アラフォー版?

軽く試聴…
上物めちゃめちゃ
入ってる

時間が足りなくないか?

年末自分を追い詰めてる自分が見える

うんざり…

当分この手の話は
絶対に受けない…

きっと…

明日から、教授こと坂本龍一さんのEU凱旋ツアーが大阪から始まる。
ゲストは大貫妙子さん…
最近、お二人でのデュオを聴き、ここに自分の理想像がある事を
強く感じる。

諸々の事情で、観に行けない…
東京でのライブも予定が前に入っていて
聴きに行けない…

凹んだが、
これは来年こそは、
自分のやりたかった音楽、作品を具現化しなさい!
という啓示だろうと、強く思って、
心を支えている…

2009年12月17日 (木)

イルミネーション

イルミネーション
イルミネーション
先日、「カールじいさんの空飛ぶ家」を
なんばパークスに観に行った。

映画の話は改めてするとして、なんばパークス内のイルミネーションが可愛らしい。

鍵盤の上を跳ねるトナカイ、月並みだが
クリスマスツリー…

いい映画を観た後は、心が洗われるのか?
素直に綺麗だ…と
思う。

2009年12月16日 (水)

カールじいさんと空飛ぶ家…

昨日「カールじいさんと空飛ぶ家」を観に行った。

冒頭8分程のシーンで胸がしめつけられる思いだった。

人が意固地になるには、人それぞれに理由がある。

その他にも、とても教訓になる様なエピソードが沢山ある。

人は何がを始める時に、「遅い」という事は無いのかもしれない…いや、「無い」というか、必要な為に強い信念で立ち向かう気持ち、気持ちが反映された行動が全てだ。

2009年12月15日 (火)

必要な時に、見つからない…

今日でパスポートの有効期限が切れるので、パスポートと証明写真があれば、更新可能と役所で聞いたので、証明写真が撮れる写真店を探しているが、
家の近所なら察しがつくが、一旦離れたら全く見つからない…

先に証明写真だけでも撮っておけばよかった…

後悔していた所で写真屋発見…

パスポート無事更新…
来年こそは、どこかに…

リズム音痴…

昨日は、インスト・バンドの
「ぱ!」の皆さんと
ワンマンライブに向けての練習。

練習前にウォーミングアップを兼ねて、
リズムトレーニング。
楽器の音が必ずユニゾンにならなきゃいけないのに、自分だけが
ポロポロと外れる…
しかも十分に
伸ばさないと
いけない音が、
ちゃんと
伸びてないと
指摘されるまで
解らない。

リズムを大きく感じながら、一つ一つの音の長さも捉える事って、基礎中の基礎の話。

西遊記ではないけれど、ガンダーラはまだまだ遠い…

2009年12月13日 (日)

鉛筆をくわえて弾く理由…

僕と何度かスタジオに入った人は、既に見た事があるかもしれないが、アレンジの変更や注意等を楽譜や、コード譜に書き込む時、書いた鉛筆を口にくわえて、そのまま演奏する時がある。
ピアノのレッスンでは流石に無いが、家やスタジオでやってる事が多い。
最初に本格的に音楽、ピアノを教えて下さった師匠、シルヴァン・ギニヤール先生が僕の楽譜に何かしらメモや注意を書いて、弾いて聴かせてくれる時の、先生の仕草がかっこいいな〜と思って真似してたら、癖になっていた…

ピアノの弾き方は、意識していないが、やはり好きなミュージシャンに似てくるのだろうか?

2009年12月12日 (土)

決意…

先日、ゴスペルの伴奏をしていた頃に知り合ったママさんシンガーと来年年明けに、いつスタジオに入るか打ち合わせで電話していた時、今年は1年に4回も入院してしまった事を聞いた。
気力、体力共に奪われたろうと予想し、「また今度にしようか?」と話した所、突然「私、曲を書く!」との事。
余程悔しかったのか?烈火の如く「この悔しさを曲にする!」「今なら書ける!」
お子さん2人を育て、歌のレッスンで先生をやり、しかも自身もジャズを歌いたいとの事で先生を探している…
母のいや、この人の底力を感じた。
勢いに負けじと「俺も書く!」

オイオイ、負けず嫌いか蠊

2009年12月11日 (金)

打ち上げ…

日頃ライブの翌日は仕事というケースが多いので、「打ち上げ」に最近、参加する事が減っていた。東京近辺でライブをする時も、翌日大阪へ戻るのでオチオチ深酒もしてられない。
明後日は久しぶりに「打ち上げ。」
深夜のレコーディング、1ヶ月しか時間の無い中でのライブ、頑張って走ってきた皆での打ち上げ…

昼の上っ面な顔で接してる職場の忘年会は時間も銭も惜しいが、明後日の打ち上げは、音楽に没頭している真面目な皆との時間だ。
何物にも変え難く、貴重な時間。

長年の悪癖…

今日はピアノレッスン。

課題曲、ソナチネの2章目はテンポの緩やかな楽章。
テンポが緩やかな場合、テンポのスピードの勢いで、誤魔化せない。

音を滑らかに弾く「レガート」しかもハモリの様に短三度のハーモニー…

どうしても綺麗に繋がらない。

鍵盤の上で親指が立つ、腕の重さを指で伝えて弾く→手首が回る→肘が開くの順番なのに、先に肘が開いてしまって指弾きで音が切れる…
同じ音をレガートで弾く時に、鍵盤の半分から弾くはずが、鍵盤が上がり切ってから弾くから音が切れる…
悪癖発見、簡単に取り除けないのが、悔しい…
音が伸びるペダルを使えば音が繋がって便利だが、指でも十分音を繋げれる筈…
寧ろこれくらい指で出来なかったら、ペダルの使い方も大雑把になる。

1時間、とにかく悪癖を駆除するレッスン…もっと自分の音を聞きなさい。との注意…
もういい加減進歩しないと…との焦り…
こんな事があっても
ピアノは深い…
やめられない…

電子楽器ばかり弾きすぎてるから、指が鈍感になってるかもしれない。

もっとピアノを弾かないと…

2009年12月10日 (木)

便利屋卒業…

先日、大晦日のセッション打診があった。
最初にハコに楽器があって借りれるとの話があった。コード譜もあるという。
あ…じゃ、大丈夫か…と思ったら、キーボードで上物よろしくとの事。
有名な曲ばかりとの話だが、知らない曲で何の上物だ?
又、「この曲はストリングス…あの曲はブラス…」音色の指定…
フレーズ指定…
バイショウみたいな事を手弁当でやらせるハラか?
嫌な予感がする。
バイショウなら話は別。割り切って覚えるのが仕事。

以前、先輩に呼ばれて散々スタジオで演奏する羽目になり、
暫くフレーズが頭を離れず、嫌な気分になった事、ふとフレーズが指から出てきて、複雑な気分になった事…

大晦日はゆっくり、高校時代の友人達とくつろごう…

2009年12月 9日 (水)

心が震える…

昨日、セッションの帰りに食事をしながら映画の話等すた時に、
泣いた映画という事で、イーストウッド監督の最初のメジャー作品“BIRD”のラストシーンを説明してる最中、当時を思い出して、もう少しで泣きそうだった。
このラストシーンを見た後、当時19か20の時に、号泣する程泣いた記憶がある。

そしてこのシーンを、話そうとする度、震えて泣きそうになる…

あと説明してる最中泣きそうになるのが、漫画「あぶさん」の27巻にある「十年専酒」という話…

号泣する程泣いた記憶は、時間が経っても消えない…

2009年12月 8日 (火)

セッションは楽し…

今日は、以前から約束していた、とあるマイミクさんとのセッション…

流石バンドで歌い慣れているだけあって、
練習してないなんて
いいながら、確り自分の歌にしていた。

歌の持って行き方が解りやすくて、とても楽しかった。

色んなシンガーさんの伴奏をするのは、楽しい。
が、自分の帰る場所、ホームが今、無いだけに若干複雑な気持ちではある。

2009年12月 5日 (土)

教授のEUツアー終了…

先日、教授こと、坂本龍一さんのEUツアーが無事に終了した。

ピアノ2台で、時に1台は教授本人のデータで演奏するとはいえ、
ピアノだけで自分の曲を日本だけじゃなく、EU各国でも、聴衆の前で演奏し通すというのは、きっと並みの精神じゃ出来ないかもしれない。

ところでEUツアーの各会場のデザインの何と優雅で天井が高い事…
教授のピアノの響きがより深く響く様に感じる…

2009年12月 4日 (金)

お腹いっぱいです…

お腹いっぱいです…
最近、近所にある盛り場、西中島に個性的なラーメン屋が増えている。

野菜の大盛りの写真に驚いて、ぶらっと入った店

写真の野菜の盛り方で「ちょい盛り」のレベルなんだとの事、
麺は太くコシがある…
味噌ラーメンを頼んだが、スープも美味しい
西中島って、食べ物屋増えてきたな…

2009年12月 3日 (木)

企業プレゼンライブ、終了

先月から、専門学校の生徒さんの企業向けプレゼンのレコーディング、ライブオーディションが一通り終わった。学内のイベントの予選も兼ねている様で、予選に通過したら、
なんばHATCHで演奏できるらしいが、
高望みはいけない。

オーディションの後、来月の酒場でのライブパーティーの練習。
いつもの空間に戻った感じがして、落ち着く。
今月は後2回ステージがある。

今年もライブはこれで終い…と思ったら、
大晦日、演奏の誘いが…

気楽にやれるなら、やるけど、面倒なら…

2009年12月 2日 (水)

ツイン・キーボード

先日、セッションだが久々にツイン・キーボードの編成で演奏…
オルガン・シンセ系とピアノ系に大まかに分かれるが、相手がオルガン出身の為、
すんなり自分がピアノ系、相手がシンセに座る。
いつもは、自分がシンセも弾くので、安心しつつも横で、並んで鍵盤弾くなんて、幼稚園の時のエレクトーンの稽古の時以来じゃないだろうか?

セッションの内容は、もう2〜3年活動している、ツイン・ドラム、ギター、ベース、タブラ(インドの打楽器)、バリトン・サックス、テナー・サックス、トロンボーン、アルト・サックスという編成…
他に、ソプラノ・サックスとトランペットがいるらしい。
オリジナルやるんで、基本的にコード1発なんで、感性で演奏してくださいとの事…
(それって、ムチャ振りと丸投げのコンボなんじゃないの?)と、思いつつ、出てくる音に反応して演奏した。
セッションなら、無責任に、人のフレーズに合わせてみたり、何となくカウンターを入れたり出来るが、
何せ無責任…
セッションは、遊びなら楽しいが、バンドメンバーとしては、セッションっぽく演奏だけならつまらない。
この辺りを、どの様に考えるか?結論出ず。
しかしツイン・キーボードの相方さん、
どうやらツイン・ドラム、ツイン・キーボードのバンド編成は夢だった様で、ご機嫌だった。

何らかの機会に、また組めたら面白いし、
今度組む時は、アンサンブルもアイディア出し合えたら面白いが…

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31