リンク

  • 櫻井一雄の気ままなホームページ!
    素敵なギターと、独特の 世界観を持つ歌を綴る 櫻井一雄氏のHP。
  • サムロ・フォトクラブの活動発表のページ!
    渋いギターと、なんだか懐かしい感じに 浸れるTanny氏の参加されている、 フォトクラブのHP。
  • My Pure Heart
    お仕事の合間を縫って、写真の作品を発表されているお知り合いのサイト。僕自身インスピレーションを受ける写真が数多くあります。 写真については、一部、販売もされてらっしゃいます。
  • jkatz.net
    今、僕が最も敬愛しているミュージシャン、ピアニスト の一人。ジョナサン・カッツ氏の公式ホーム・ページ。 彼と会う時は、ほとんど音楽やピアノ談義。 そして、とてもいい人なのです。 彼のプレイと、人間性は、僕のお手本。
  • Cubic Sound Factory
    Cubic Sound Factory…常にパフォーマンスを続ける 積極的な、熱いユニット。ベース担当のふくっちょ君の サウンドの上をシャーマンの様なUmiちゃんのボーカル が舞う。二人のステージは儀式の様に神々しい。
  • ピアノの先生、つれづれ日記
    今、ピアノを教えて貰ってる先生のブログ。 出来の悪い僕の様な生徒に我慢強く、音楽を 教えてくれるタフな先生。 又バッハ~ジェフ・ベック…いや もっと音楽への理解の幅が広い! 尊敬します。はい。
  • 椿の小部屋
    以前、プライベートの録音に参加したバンドの ボーカルさん。繊細なんだけど気持ち一発の いさぎよいボーカルが魅力。
  • Tribal Voice Music
    知り合いの民族楽器奏者さんが立ち上げた、 音楽、落語、演劇etcのイベント等を企画、運営 するプロダクションの、熱いホーム・ページ。 インターネットラジオは、なかなかコアな内容。
  • Takashi-Satoshi XP SP2 web site
    僕が参加しているTakashi-Satoshi XP SP2というバンドのホームページ
  • 零細社長のプログレッシブ日記
    僕が参加しているバンド、Takashi-Satoshi XPSP2のボーカルさんのブログ。本人曰く「え~と、2006年の2月1日から、零細企業の代表取締役となった「おやぢロッカー」兼「プログレ歌詞評論家」兼「大阪市内さんぽ人」による、気まぐれ日記。 」
  • こんなんできました
    僕が参加させていただいているゴスペル・クワイアの シンガーunilambさんの、よだれが出るほど美味しそうな ブログ
  • FunkyベーシストマサキのHP
    情熱溢れるベーシスト、マサキ氏の熱いホームページ。
  • みほママのあったからいふ
    僕が伴奏させてもらっているゴスペル・クワイアに参加しているママさんシンガー、みほさんのあたたかな、日常。
  • 音楽の有る里
    音楽と子育ての二刀流、情熱的お母さんシンガー有里さんの愛に溢れたホーム・ページ。
  • naan
    関東で活躍している友人、sunaguchi氏のバンド。
  • Singer TETSUNARI
    シンガーTetsunariの活動や日々の想いを残していきます!!
  • 貴為和以
    超絶ギタリスト、ドイ氏の愛情溢れる日常。
  • 酒とバラの日常
    凄腕ドラマーyamaguchi氏の華麗なる日常。
無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

変拍子を歌う…

昨日、「ぱ!」のライブにお手伝いで、演奏した。
段々と変拍子には慣れつつあるのだが、ふと数えながら弾くと、「今、どこ?」となってしまう。
単に拍子が変わる訳では無く、[6/4][4/4][4/4]とか、[3/4] が16小節続いて[4/4][3/4]とか…
ガイドになる音が無いので、懸命に拍を数えていると「ここはどこ?」となってしまう。後で大きなアドバイスを貰う…
「変拍子は数えたら落とす。フレーズにしてしまえば、見失しなわない。」
最終的に数える方向に行った僕は、まだ修行が足りない…

2009年11月29日 (日)

現役最高齢のピアニストは、優雅な淑女

マドレーヌ・マルロー、現在95歳の現役最高齢ピアニスト

彼女の弾くエリック・サティの「ジュ・トゥ・ヴ」(あなたが欲しい)
は茶目っ気たっぷりだった。

毎日1日中弾いているが、最低4〜5時間弾いているとの事、

今、ファンタジー(幻想曲)に魅力を感じると本人が話していた…
36歳なんて、赤子同然だ…

2009年11月28日 (土)

素朴な疑問…

他者と音楽を一緒に演奏する前提で音楽を作る人間が、他者に作った音楽を伝える要素であるコード、和声が解らないというのは、
どういう了見なんだろうか?
マイルス自叙伝に、ジミ・ヘンドリックスがコードが解らないエピソードが出てくるが、ジミ・ヘンドリックスが許される事が、自身にも許されると思っているのだろうか?

歴史に残った天才に許される事が、自身にも許されるというのは、傲慢でしかない。

2009年11月27日 (金)

面倒くさがり

納得行かない事、合点が行かない事に対して、納得の行く説明があるまで絶対動かない、面倒なタイプ…

だっていい様に使われるのは懲り懲りだから…

そういや、僕の師匠のギニャール先生も頑固だし、ピアノの兄貴、ジョナサンも「気に入らなきゃ辞めればいいだけだよ。」と笑いながらシンプルに答えてくれた。

そろそろ師匠や兄貴の様に、道を定めて究める時間を意識して作らないといけない…

健全な関係…

自分が来れない時には、代役を自分で探して、代役を立てる…

最近、先輩や長くサポートで入っているバンドのメンバーがメンバー間で発言しているシーンを目にして、
今も昔も変わらない
ルールなんだな…と
感じた。

只一つこのルールを守らなくてもいい場合は、
きっと人を物としか感じてなかったり、自分の都合を静かに押し付けてきたりする輩、集団だろう。

今、僕を呼んでくれる先輩のバンド、遠い場所から一緒に演奏する事を楽しみと言ってくれる友のバンドは、足を向けて眠れない。

二十歳の若いバンドでも、ちゃんと遇してくれるのに、ルール以前のバンドのいかに多い事か…

2009年11月26日 (木)

全ての道は…

今組んでるユニットのボーカルは、写真を勉強している。
OSMでレコーディングやライブをするボーカルは、バレーボールをやってきた。
音楽の話、例えばダイナミクスの話をする時に、写真でいうとコントラストが均一だから…、バレーボールで言うと毎回アタックが同じだから相手に取られる。だからアタックの質を変えて…
というと、とても理解して貰いやすい。
僕も7歳から18歳まで、ラグビーをやっていた。
思い起こせば、言葉が違うだけで、効果は同じ事というのがある。どこか、根は繋がっているのかも知れない…

2009年11月25日 (水)

ルーツを知る…

先日、とある打ち合わせで18歳と話をした。
音楽の話の時に、
好きな歌手、バンドを聴いたら、その歌手なりバンドなりのルーツを必ず探るらしい。
そういう聴き方をしている友人は周囲にいないらしい。

僕もルーツを探って聴いた時期があり、探る事で様々な出会いがあった。
周囲がどうあれ、ルーツを探る聴き方は、続けて欲しい。

2009年11月24日 (火)

諭すか、放っておくか…

自分の音楽に割ける時間は無限では無い。
自分にとって為になる活動に集中しなければいけないのではないか?と日々自問自答する。

年長者として、スタジオに入る前の準備が必要だと諭すか?
諭す場合は、言葉を選ぶ労力が要る。

やり方を続ける集団からは、距離を置いてフェードアウトするか?フェードアウトは気楽だが、先輩から、諭すのが年長者の役目と、アドバイスを頂いた。が、務まるかな?自分に。

今までのツケ…

「ぱ」の練習を経験する度に感じるのは、
今までどれだけ、雰囲気で弾いてきたのか…という事

譜面に対して正確に弾く、変拍子の際メロディのアクセントを見て、リズムをカウントする事…

只これに対し、非常に勉強させて貰っている。ヘルプ?、サポート?
とんでもない。
僕が鍛えて貰っているんだ。

2009年11月23日 (月)

納得行かない時、拒否する事は、自分の気持ちを気楽にさせる…

たまには、納得行かない時には拒否しないと、便利に使われる。
相手はきっと使うとかの積もりでは無いかもしれないが、
オリジナルやるから、コード進行だけ持ってきてとか、突然スタジオの場で、オリジナルするなら、前以てオリジナル出来たと屈託無い笑顔で歌い出し、コードつけてと言い出したり、その作業をスタジオでやらせようとしたり…
余りにも非効率的なスタジオの使い方だったりする。
そのスタジオ費用を当の本人が持つならまだしも、割り勘で出させる…
これっぽっちも、相手の気持ちを理解しない様な要求には、はっきり態度に出さないと、きっと使われるだけ使われて、消耗するだけだろうな。

2009年11月22日 (日)

レコーディングからライブへ…

先日、以前レコーディングした曲を、12/2に企業向けライブオーディションに出る為、手直しをした。
皆それぞれ、録音したテイクについて修正したい点があった様で、どんどん修正点が足されていく。
1曲のだけのリハーサルだが、アレンジ変更、レコーディングに参加したギタリストが参加出来ないとの事で、新たに参加したギタリストは、またスタイルが違うが曲へのアプローチが前任者と違うがアイディアを持ってスタジオに来ている為、皆でまたガンガン話し合いをしていく。
20歳という若さなのに、こんなに皆アイディア出して、ディスカッション出来るんだ…
改めて彼らが、いかに毎日アンテナ張って、体験を積み重ねていく向上心を持っているか、知らされる1シーンだった。
いやぁ〜負けてはいられない。

2009年11月20日 (金)

NHKがアニソン特集…

NHKがアニソンの特集をやっている…
時代は変わった…
しかし、NHKは幅広いな…

2009年11月18日 (水)

This is it.

This is it.
今更ながら、
マイケル・ジャクソンのドキュメンタリー映画、“This is it”
を観に行った。

世界一のKing of Popsのステージの作られ方、バンドへの指示の出し方、スタッフ、クルーへの姿勢等、もしかしたら現場に居ないと一生観る事が出来ない事が、目白押しだった。
映画が始まり、普通にリハーサルなんだが、マイケルが流さない。歌う時に、リズムを取るのが常にダンス…

ROLLING STONESのライブを観た時に、自然に涙が出た時と同じ、又も涙が出た。

リハーサルだから、ダンサーの動きが若干バラついてたり、マイケルが出したキューにバンドがフライングしたり、これから詰めて行く部分とかも出てくるが、「ここでストップかけるか?ここで歌い出すか!」と以外な発見が沢山あった。
これ以上は、実際に観てください縨

2009年11月15日 (日)

カレー・ライブ…

今日は、今月29日に一緒に演奏させて頂く「ぱ」のライブを観に行った。
南船場にある「地下一階」というハコ
実際に地下一階にある。
そして今日は、「ぱ」の司会、藤森るー嬢が作るカレーが振る舞われるという企画。
このるー嬢、料理がまた上手。
カレー食べて、トイレに驚いて、ライブ観て…と贅沢な時間

あ…明日は「ぱ」の皆さんと練習…
ジェットコースター&変拍子マジックに惑わされない様にせねば…

いかにも、ライブハウス…

いかにも、ライブハウス…
う〜ん、サイケデリック〜
ライブハウスのトイレ…

ライブオーディションへ召喚…

レコーディングが終わればライブオーディションと、学校のオーディションもなかなか忙しい様で、参加する事になりました。
今年は走る…
来年は組み立てる…
走るなら、色んな所、走っとこう…

2009年11月14日 (土)

教授 is back.

12/19から坂本龍一さんのEUツアーの凱旋ライブが大阪、東京である…
今年は教授、もの凄い数のライブを日本とEU(ドイツ、ベルギー、イタリア、スペイン、フランス、イギリス…因みにベルギー以外は2公演以上…)でこなしてる…
しばらくライブやらへんのかな…
心配…

2009年11月13日 (金)

鉄人28号…

鉄人28号…
鉄人28号…
鉄人28号…
今日の昼間、友人の脚本のロケハンで、神戸へ行った。

数年ぶりに降りた駅、新長田。

最近は鉄人28号の像で街興しをしている。
駅から北側は、昔は商店街だったが先の震災で焼けてしまい、今は無い。
不自然な空き地、不思議に広い公園…
人工的に作られた歪な空間…

只駅の南側は、昔の下町の雰囲気が戻ってきている様に感じた。

神戸はやはり、忘れられない街だ。

企業プレゼン完成…

夕方、企業向けプレゼン音源完成との知らせが入る。

歌録り、ミックスダウン、マスタリングは参加出来なかったが、ほぼ初めての経験の中、作曲、歌を担当した本人がよく頑張ってくれた。
今回、個人的には初めて一回り下のミュージシャン達と組んだ。

僕は一回り上のミュージシャンとバンドなりで演奏させて頂く事があるが、全員10歳以上年下という環境は、初めてだった。

彼らは、気を使ってくれた事もあったと思うが、皆それぞれの個性、特徴、持ち味の中で自ら考え、話し合い、一つの曲を作品として残そうと最大限誠実にアプローチしてくれた。

素晴らしいミュージシャン達と演奏出来て、光栄に思う。

オールナイトのレコーディングの元気さ、集中力についていくのが、必死だった(笑)

若気の至り…

若気の至り…
昨日、久々に弾いた
初めて買った1stキーボード…

学生時代1度だけ、
Jimi HendrixのTシャツを着て、当時流行っていた膝が破れたデニムパンツを履いて、
シンセの中にある、ワウとディストーションを混ぜた様なギターの様な音色を作って、
モニターに足かけて、調子に乗って、ソロを弾いた記憶がある。
それ以来、全く使って無かったのだが、
先日、コントローラーとしての鍵盤が必要だった為、持ち出した。机の上に、置いて弾いたのだが、10年以上弾かなかったが問題無く、動いてくれた。
見た目と違い、結構タフなんだな…

2009年11月12日 (木)

24時間稼働しました…

昨日は結局久々に24時間以上稼働し続けた。
膝は笑うし、帰ったら帰ったで神経が昂るのか?なかなか寝付けずなんとか21時位には、普段より早い時間だが、眠る事が出来た。

あぁ…時間が欲しい…映画観たい…絵画も観たい…ピアノの練習時間も課題だけじゃなく確保したい…
作曲、演奏はアウトプットだから、インプットしないと出すモノが無い。
入れるなら、出来るだけ豊かなモノを入れたい…

2009年11月11日 (水)

脱け殻…

朝、7時にレコーディングが終わり、今、遅れて職場へ向かう途中…
遅刻だろうか?
だが職場に着いても、今日はきっと脱け殻状態…

只今レコーディング中…

只今レコーディング中…
只今レコーディング中…
只今レコーディング中…
終了予定時刻、午前6時…
その後仕事…
きっと死んでる…

2009年11月10日 (火)

オールナイトレコーディング第ニ段

今日は、21時から企業向けプレゼン用の音源のレコーディング。
今日、バンドの音を全部録れれば、後に歌を録ってミックスダウン、マスタリングで完成…
今日が終われば、一段落…

麗しのウィーン…

今、TBSで世界一住みやすい都市としてランキングされた、オーストリアのウィーンを特集した番組が放映されている。
冒頭ウィーンに住む日本人として、小澤征爾さんがインタビューに答えていた。
ウィーンの住みやすさについて、フランクに「正解。俺もそう思う。この街の広さが丁度いい。」という事を、東京の下町っぽい口調で話し出した。

喋り方に、その人の本質を垣間見る時がある。
EUツアー中のイタリアを演奏して旅している坂本龍一さんに、会場でリハーサルしていたからとカジュアルな出で立ちでフラッと挨拶に自ら立ち寄る小澤さん。権威を気にする人なら、「クラシックの人間では無い。」
「俺が年上なんだから、向こうから挨拶してこい。」とか、バカな事は一切言わない。

最高の音楽を創る現場に常に立っている人…この上無く、かっこいい。

紅葉…

昨日、リハーサル前にドラムの方からの話…教えている音楽教室のギターの生徒さん、ロックが大好きらしい。次回の発表会で初めて、ロック以外のジャンルを弾くとの事で、
演奏する予定の曲を尋ねると「紅葉です。」…紅葉?ジャズのスタンダードに紅葉ってあったか?
僕は童謡の紅葉をジャズアレンジでやるのか?と思って聞いていた…
彼は、Autumn Leaves「枯葉」を「紅葉」と認識して伝えたらしい…
いや、確かに紅葉も枯葉だけど…

メロディとリズム…

今日は、「ぱ!」
の練習…曲がメロディとリズムがシンクロしている事、それを如何に効果的に聴かせるか?いい勉強をさせて貰っている。
アクセントとシンコペーションがメロディとリズムでかみ合うと、自然とメロディに抑揚が出てくる。
メロディに抑揚が出ると、自然と曲への理解が深まる…
いつもの手癖で弾いたら、気づかない事が沢山。

2009年11月 9日 (月)

久々にインスト…

今月の末、来月末にかけて京都の凄腕インストバンド「ぱ!」へ参戦する為の稽古が始まる…
普段、歌モノの曲ばかりで歌の無い曲は、ジャズのセッションか、ジャムセッションでしか演奏する機会が無いのだが、「ぱ!」に関してはオールオリジナル…
ジェットコースターみたいな曲がガンガン並んでいる。
しかも年末は神戸でワンマンライブ…
ワンマンなんて、学生時代に参加したブルースバンド以来…
とにかく今年は走りぬけよう…来年こそは、計画的な時間の過ごし方をやろう…

2009年11月 7日 (土)

お調子者…

先日の、ライブのアンケートを見て、自分の欄に誉め言葉が書かれていると嬉しくて、帰りは足取り軽く、昨日はホームのデュオの練習で曲が出来たら浮き足立って、録音したデータを忘れそうになる…
あぁ、なんてお調子者…

少しだけ残酷…

昨日の久々のホームの練習で、改めてボーカルが書いた歌詞を本人が歌うと、儚い声に詞が乗ると、少しだけ残酷な感覚があり伴奏しながら、ゾクッとする感覚が生まれる。
感覚が生まれない時は、歌と伴奏のバランスが悪い可能性がある。伴奏が大袈裟過ぎると、感覚が消えてしまう。このバランスを取りながら音を選択するのが、とても創造的でワクワクする。

2009年11月 6日 (金)

第一号…

ワルツの曲が、ホームのデュオのボーカルからO.K.が出た。
ホッとした…
ホームでの練習は、
いつにも増してあっと言う間…

ワルツ…

ワルツ…
歌詞に「ワルツ」とあるからと、ワルツ形式というか、3/4のリズムで曲を書いている…発想が単純…でも、
いざ3/4で曲を書くのは難しい…

写真は昨晩のステージの終い仕度途中

2009年11月 5日 (木)

やっぱりトリオはかっこいい…

先日の、RAGでのトリオ特集といい、今日のライブのトリを飾った「ゆらゆら」といい、トリオは各パートの
キャラクターが
色濃く音楽に反映されるからか、代替の効かない音楽に聴こえて、かっこいいな…と思う。

ジャンルも関係無く、クラシックなら
ピアノ・チェロ・バイオリン、jazzならピアノ・ベース・ドラム、ロックならギター・ベース・ドラム…

かっこいいと思うトリオに共通する感想は、ただテクニックに優れているだけじゃない要素も非常に大事な事。バンドとは、きっとそうなのかも知れないが、トリオ編成には強くそれを感じる。

いつか、トリオを組みたい。もっともっと技術だけじゃない部分も含めてミュージシャンとして熟成しないと、いけないな…

ベースって…

今日の現場はベースアンプのキャビネットから5mほど離れた距離…
飛び道具で音を面白く変えるのはいいのだが、ダイナミクスが無いから、全部ベターッと聴こえて、しかもドラムを消し倒す…
ドラムは比較的安定かつ音量にメリハリがあるのでガイドになるのだが、いかんせんベースが…
キャビネットから5m位しか離れてなかったら、ベースのダイナミクスは聴き取れないのだろうか?

ライブ告知

本日、心斎橋にありますclub vijonにて、
WARUNGというバンドのサポートメンバーとしてライブに出演します。

2009/11/05

「初恋アラ☆モード〜冬のファンタジー〜」
前売り:\1500-/当日:\2000-/1Drink:\500-別

OPEN/17:30
START/18:00

場所等は以下URLをご参照下さい。

http://www.medic-web.jp/mobile/shop_data.php?id=a1002&id2=g1005&shop_id=s10001787

WARUNGの出番は19:30辺りです。
お時間のある方はよかったら、遊びにいらして下さい。

イタい人…

自分も大概イタい性格だが、職場のとある人物…
彼氏が職場に出来たらしく、職場の親しい人にツーショットの写メを送っているらしい。二人に関しては二人が付き合う前に、メールを通じて「いつまでもいいお兄さんでいて下さい。」みたいな内容で面倒になって距離を置いた。
彼女の方は、僕のオリジナルを聴いて、以前歌詞を書く。と約束したまま反古にし、スタジオでの音合わせの機会も、反古にした。

反古にした約束等存在しない様に、都合いい時だけ猫なで声なんでイラついて、全ての連絡手段を遮断しました。
写メが届いた同僚が一言、「あれはきっと続かん。しかし、キモいメール…」
人って、恐ろしい…

2009年11月 4日 (水)

相変わらず…

相変わらず、締切に迫られる日常に戻る…

やるべき事、やりたい事のバランス、手をつける順番…
5分だけでもリラックスする方法は、坂本龍一さんのソロピアノを聴きながら、なるだけ遠くを見る事
喧騒の中でも静寂は作れる

2009年11月 3日 (火)

あっと言う間の3日間

今日の夕方、東京に別れを告げて、今、新大阪…
夢の様な気楽な3日間は終わり、明日は5日のゲネプロ、別件レコーディングのプリプロ2連発…
明後日はライブ、
明明後日はホームのユニットの練習…(あ、曲書かな…)
7日はピアノレッスン…
休み無し、タイトな毎日…
性格極端、予定も極端…

渋い…

渋い…
昔の1円タクシー…
フォルムが渋い

2009年11月 2日 (月)

呑むと…

久々に、昔からの連れと都内で呑む。
酒が進むと、お互いの社会立場など、どうでもよく、学生時代に戻る…
家に帰らなきゃ…
と思いつつ、東京で呑んでるイメージが消えてしまう。
親になっても、大阪に家があっても関係無い…
ガキのまんまの物語…

表参道ヒルズ…

表参道ヒルズ…
表参道ヒルズ…
ベタにも程がある…
表参道ヒルズ…

ハプスブルグ展…

ハプスブルグ展…
ハプスブルグ展…
ハプスブルグ展…
今日は、乃木坂付近にある国立新美術館で行われている、ハプスブルグ家に所蔵されていた美術コレクションの一部を展示している展覧会に来ている。
この建物のモダンな独創性と、15〜19世紀のヨーロッパの政治を牛耳っていたハプスブルグ家のギャップが面白い…

大浴場…

大浴場…
今回、宿泊したホテルには部屋の風呂と別に屋上に大浴場がある。足をのばして疲れを取る。
今日は朝から、美術館巡りだが最高気温は15度…
急過ぎるだろ…

2009年11月 1日 (日)

引っ越しました…

引っ越しました…
遠目に見える六本木ヒルズ…
引っ越しました…なんて言ってみたい…

展望台…

展望台…
展望台…
展望台…
展望台から見える風景…2011年に行われるラグビーW杯のオブジェが下に見える。
足元が透ける廊下は刺激的…

ベタに東京…

ベタに東京…
人生初、東京タワー…ベタだな、しかし…

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31