リンク

  • 櫻井一雄の気ままなホームページ!
    素敵なギターと、独特の 世界観を持つ歌を綴る 櫻井一雄氏のHP。
  • サムロ・フォトクラブの活動発表のページ!
    渋いギターと、なんだか懐かしい感じに 浸れるTanny氏の参加されている、 フォトクラブのHP。
  • My Pure Heart
    お仕事の合間を縫って、写真の作品を発表されているお知り合いのサイト。僕自身インスピレーションを受ける写真が数多くあります。 写真については、一部、販売もされてらっしゃいます。
  • jkatz.net
    今、僕が最も敬愛しているミュージシャン、ピアニスト の一人。ジョナサン・カッツ氏の公式ホーム・ページ。 彼と会う時は、ほとんど音楽やピアノ談義。 そして、とてもいい人なのです。 彼のプレイと、人間性は、僕のお手本。
  • Cubic Sound Factory
    Cubic Sound Factory…常にパフォーマンスを続ける 積極的な、熱いユニット。ベース担当のふくっちょ君の サウンドの上をシャーマンの様なUmiちゃんのボーカル が舞う。二人のステージは儀式の様に神々しい。
  • ピアノの先生、つれづれ日記
    今、ピアノを教えて貰ってる先生のブログ。 出来の悪い僕の様な生徒に我慢強く、音楽を 教えてくれるタフな先生。 又バッハ~ジェフ・ベック…いや もっと音楽への理解の幅が広い! 尊敬します。はい。
  • 椿の小部屋
    以前、プライベートの録音に参加したバンドの ボーカルさん。繊細なんだけど気持ち一発の いさぎよいボーカルが魅力。
  • Tribal Voice Music
    知り合いの民族楽器奏者さんが立ち上げた、 音楽、落語、演劇etcのイベント等を企画、運営 するプロダクションの、熱いホーム・ページ。 インターネットラジオは、なかなかコアな内容。
  • Takashi-Satoshi XP SP2 web site
    僕が参加しているTakashi-Satoshi XP SP2というバンドのホームページ
  • 零細社長のプログレッシブ日記
    僕が参加しているバンド、Takashi-Satoshi XPSP2のボーカルさんのブログ。本人曰く「え~と、2006年の2月1日から、零細企業の代表取締役となった「おやぢロッカー」兼「プログレ歌詞評論家」兼「大阪市内さんぽ人」による、気まぐれ日記。 」
  • こんなんできました
    僕が参加させていただいているゴスペル・クワイアの シンガーunilambさんの、よだれが出るほど美味しそうな ブログ
  • FunkyベーシストマサキのHP
    情熱溢れるベーシスト、マサキ氏の熱いホームページ。
  • みほママのあったからいふ
    僕が伴奏させてもらっているゴスペル・クワイアに参加しているママさんシンガー、みほさんのあたたかな、日常。
  • 音楽の有る里
    音楽と子育ての二刀流、情熱的お母さんシンガー有里さんの愛に溢れたホーム・ページ。
  • naan
    関東で活躍している友人、sunaguchi氏のバンド。
  • Singer TETSUNARI
    シンガーTetsunariの活動や日々の想いを残していきます!!
  • 貴為和以
    超絶ギタリスト、ドイ氏の愛情溢れる日常。
  • 酒とバラの日常
    凄腕ドラマーyamaguchi氏の華麗なる日常。
無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

知らない内に…

知り合いのボーカルが、最近家業の手伝いで堺市駅近くでBarをやってるとの事で、
明日から遠出する為、ちらっと顔を覗きにJRのホームで電車を待っていると、何やらJR天満駅の店舗で、火災があった為、紀州路関空快速が運転を取り止めているとの事…
一気に大阪から堺市へ行く積もりが、泣く泣く環状線→紀州路線での移動…
まるで小旅行…

明日から楽しい旅行…

明日から東京へ2泊3日の旅行…
普段、ライブ等音楽の用事で東京へ行ってたが、具体的な音楽の用事が無い、東京はとても久しぶり。
ライブからの帰りの、プチぶらりを3日間楽しんで、心の洗濯をしてくる積もり…
岡本太郎美術館、六本木辺りの3つの美術館、ハプスブルグ展が開催されている、新美術館etc…
前から立ち寄りたいと思っていた、東京の景観、わくわくする。

久々に京都はRAG…

久々に京都はRAG…
来月、サポートメンバーとして、一緒に演奏する「ぱ!」というバンドのライブを観に、京都の老舗ライブハウスRAGに久々に行った。

RAGは、深夜のジャムセッションに5年前位だろうか?行ったきり。

今回、トリオ特集との事で一人ソロがいて、(仕事後に急行したが、見逃してしまう…)後の3バンドが全てギタートリオのバンド。その2番目が「ぱ!」そして唯一の歌の無いバンド。
ドラム担当の藤森るー嬢は、メロディの事を敢えて「歌」と言う。素晴らしい演奏…
来月一緒にステージに立つと思うと、身震いする。

最後のバンドが、ハロウィーンイヴとの事でハロウィーン風に、地獄から〜って設定だったが、非常にエンターテイメントなバンドで、KISSの曲を3曲カバー。
盛り上がりました。

いつも、jazz関連の有名なプロが演奏する老舗のハコの違うやんちゃな顔を見る事が出来た。

次は演者として、出たいな…

2009年10月30日 (金)

少しは…

先日、人間関係で悩んでいた際、いっそ切ってしまえ…と、踏ん切りをつけた。
途端に新しく、創造的な人達と出会ったり、スタジオでも、アイディアが沸きだした。
その話を、ある友人にした所、「たくましくなったな…」と言われた。今までのケースだと、良好だった時の思い出ばかり、とうとうと語る堂々巡りだったらしい。
本人にも自覚があり、堂々巡りするのは、非常にしんどいので、
いっそ全て捨ててしまえ。と切り替えたのではあるが、それが「たくましい。」らしい。堂々巡りは執着の業。執着を捨てれば、
自分本意かもしれないが、かなり楽だ。

2009年10月29日 (木)

一段落…

知り合いの専門学校内での、企業向け新人発掘オーディションの為の音源のプリプロが、一段落した。
後は最終確認で、一度スタジオで合わせて、11月の2週目で録音、歌録り、ミックスダウン、マスタリングを済ませば締切日の11/20に間に合う。
時間の無い中、レコーディングで読んだメンバー達が積極的にアイディアを出し合ったおかげで、ここまでは上手く行った。
後は最後までスムーズに行く様、注意を払って進めて行くだけだ。

2009年10月28日 (水)

久々のjazz…

ピアノとボーカルだけのセッションだが、
久々にジャズのスタンダードのCメロ譜で、セッションした。

最近は人のオリジナルを演奏する事が多く、スタンダードを演奏するのは聴くだけで
久しぶり。
久々にコード譜見ながら演奏すると、
先人達の様々なハーモニー、メロディへの
努力の後が伺える。
それを見ながら、
最初は解りやすい形で演奏して、2回目に
リズムを変えたりして遊んでみる。

よくジャムセッションに行くというボーカルさんだったんで、何となくで付いてきて、
面白い時間だった。

ご家庭があるとの事でオリジナルを歌って頂いて、東京等でライブするのは無理との事で、京阪のライブバーでスタンダードやカバーをデュオ形式で演奏する事を目指す…
みたいな感じで話が纏まる。
僕もオリジナルを演奏するユニット、手伝い等ある旨を伝えると
互いに負担にならない程度と話が早い。
当分はレパートリー増やして、京都のライブバーの企画のライブを目指す。

京都で演奏して、顔を売って、オリジナルのユニットを持って行けるベースを作ろう。
プランは踊る…

八方美人で頑固者…

職場の同僚に僕は「人を見ない。」と言われた。
よく行く呑み屋のママさんに聞くと「八方美人だけど、苦手な人とは一切話をしない、頑固者。」との評価…

八方美人と頑固者?
矛盾してるが、
でもそれが人なのかもしれない

話が長い…

人に話をする時に、
説明過剰になって
話し過ぎる傾向がある。
昨日の顔合わせで、シンプルに話す人がいて、本人は「人見知り」と話していたが、
社交的でも無駄な話をするよりも、人見知りでも、伝えたい事をシンプルに伝える事が出来る人の方が、話し上手な気がした。

人見知りの方が、相手をよく見て、話してくれるのかも知れない…

長い一日が終わる…

長い一日だった。

レコーディング:8時間、セッション:2時間
打ち合わせ…
新たな企画が一つ誕生、元々ある企画が一つ進展、

明日もスタジオが待っている。明後日もスタジオ…
明明後日は、
堺で打ち合わせ…
日付変わって東京3days…
ここで休もう…

来月はライブ2本、
再来月はライブ1本、
大事なホームのユニットも新曲を仕上げなければ…

色んな思いが、よぎるこの頃…

2009年10月27日 (火)

一日通算10時間…

昨日の21時から数えて、今日は通算10時間
鍵盤を弾いた。

レコーディング、
初対面のセッションと、割りとシビアな環境で10時間…

家に帰ればバッハと、クレメンティが、
インベンションとソナチネから、おいでおいでと、手招きしてる…

オールナイトレコーディング、今、終了…

昨晩の夜21時から、今まで、慣れないPCを触りながらのレコーディングが今、終了。

後日微調整、その他のパートの録音がある。
しかし、昼に授業があるのにオールナイトで学校の機材を借りて、レコーディング、作曲、練習をしている学生の如何に多い事か…

高い学費払って貰って、チャラチャラと学生時代を謳歌しているとの見解は、僕の誤った見解だった。

隣で作業していた若干二十歳の女の子は、知り合いの友達だそうで、バンドでの人間関係が元でバンドは解散したとの事だが、オールナイトでアコースティックギター、シンセを使ってベース、ドラム等のパートを納得行くまで、一人黙々と録音していた。

その姿勢に、感銘を受け、負けまいと半ば対抗心を持って、作業に臨む事が出来た。

今日、途中までPCのオペレートをしてくれた二十歳の女の子も、
穏やかな物腰だが、
的確なオペレートで
録音をスムーズに先導してくれた。

非常に刺激を受ける時間だった。

2009年10月26日 (月)

あぁ、オールナイト…

遂に来ました…
オールナイトのレコーディング、翌日の昼はセッション、夜は別件での顔合わせ…
休みなんて、あって無い様なモノ…

時間が足りない…

企業プレゼンのレコーディングは来月の19日が締切日。
レコーディングするチームは決まり、プリプロは進むが、皆忙しい。録音を実際に行う際のブッキングが成立するか…時間が足りない…時間が欲しい…
フルタイムミュージシャンなら、来月の19日締切は、余裕なんだろうな…

2009年10月25日 (日)

作曲家占い…

Web上に「作曲家占い」というのがあり、占うとフレデリック・ショパンに95%似ているとの事だった。
会話上手で話題の中心になりやすいが、繊細過ぎて、人の話を気にし過ぎたり、嫌いな人、苦手な人は話しかけさへしない。周りはうんざりしている。
貯蓄は無理…

もし、フレデリック・ショパンの95%でもピアノの腕、作曲家としての腕、音楽の才能があるのであれば、
嫌いな人、苦手な人と一生話しなくてもいいよ…とふと思った。

「作曲家占い」

http://gxc.google.com/gwt/x?q=%E4%BD%9C%E6%9B%B2%E5%AE%B6%E5%8D%A0%E3%81%84&client=ms-kddi-jp&start=1&hl=ja&inlang=ja&ei=jw_kSrj7MpjM6wPH8IqBAg&rd=1&u=http%3A%2F%2Fwww.einkleines.com%2Fjp%2FAmusement%2FFortune%2F

携帯電話からだと、URLが長い…

2009年10月24日 (土)

リハーモナイズ…

元々あるハーモニーを作り直すリハーモナイズ。

ピアノのレッスンで並行して楽理も教えて貰っている。

シンプルなハーモニーを変化させる事で、(元々のハーモニーの役割を理解した上で変化させる…)事により、同じメロディの印象が変わる。
背景を変化させるだけで、メロディが様々な色を出す…
ちゃんと使いこなせればの話…

オールナイトで…

来週月曜日は、オールナイトでレコーディング…
知り合いの学校の中でのプレゼン音源を、PCのDAWソフト・ギター・ボーカル・キーボードでレコーディングセッション。
いつ振りだよ…
オールナイトでレコーディングなんて(笑)

DAWソフト攻略へ…

先日、家にDAWソフトが来た…
これから、基本・応用と勉強して行く事になる。
以前はシンセに内蔵されてた16トラックのシーケンサーで作曲していた事もあるが、
ここ数年、とんと打ち込みはご無沙汰していた…
出来る事は当事よりも多く、その分選ぶ事も多い…
迷宮に迷いこまない様に、頑張らないと…

2009年10月22日 (木)

謝罪、和解、邂逅…

先日、よく行きつけの呑み屋でギターの弾き語りをしている人が、仕事の都合でマルタ共和国へ移住するとの事で、送別会が開かれた。
その人とは5〜6年前、天神橋筋一丁目にある「雲州堂」というアコースティック系のライブハウスでサポートで演奏した事があったが、当事些細な事で僕が一方的に不満を持ち、ギクシャクした関係になっていた。
一回り程年齢差がある年上の人で、
送別会に遅れて到着し、挨拶すると「なんでお前が来たんや。」みたいな顔をされたが、「今日は、当事の生意気だった態度をちゃんと謝ろう。」と思っていたので、最後まで付き合い、朝までになったが本人に直接謝罪した。
謝罪した所、本人も気にはしてくれていた様で、和解し、久々に6年振り位にスムーズに話して(邂逅)、
すがすがしい朝を迎える事が出来た。
よく美和昭宏さんの
「ヨイトマケの唄」を歌っていたおじさん…
マルタの空、地中海の海に「ヨイトマケの唄」が流れる事を期待したい。

マルタ共和国は人口の3倍の猫がいるらしい。
ちょっと惹かれる…

2009年10月21日 (水)

素晴らしい夫婦…

長門裕之さんの奥様、南田洋子さんが永眠された。
記者会見でのコメントに奥様をどれだけ愛しているか…
痛い程心に響いた。

子供の頃、見た二人はかっこいい夫婦だった。
長門さんが野暮ったい反面、南田さんはお洒落だった。
ここ数年、介護をしているテレビでの長門さんは、素敵なご主人だった…
愛してるんだ!
強く感じる。

とっかかり…

歌詞から曲を…のとっかかりが出来た…

偶々ニュースでオリオン座流星群、流星群はハレー彗星の塵…
塵の儚さ…
儚い響き、はっきりと終止させない進行…
囁く様なメロディ…

明日、一日かけて作るとっかかりが出来た…

城島が帰ってくる…

城島選手がマリナーズを退団し、日本に帰ってくるらしい。
古巣のホークスは、城島が抜けてから、何とかだが新しい捕手が育った。
阪神は飛び付いたが、狩野・岡崎両選手が経験を積む事が出来て、ポスト矢野を争っているのに、城島が入ってきたら、争ってきて底上げされてきた現場が冷えきってしまわないか?フロントは、そんなに現場に期待してないのか?
城島だって当事の王監督が我慢に我慢を重ねて使い続け、当事のエースである工藤投手の協力もあって、あれだけの選手になった。
家のチームには、選手を育てる能力が無い。との決断なのか?

2009年10月20日 (火)

苦戦…

歌詞から曲作り第二段、詞を読み、個々の輪郭が淡い印象派の絵画や水墨画の様な音の連なり、上を詞が舞う抽象的なイメージは浮かぶが、それを音とした時に、イメージから離れていく…
明暗が曖昧なハーモニーの連なり…ハーモニーを繋ぎつつ、歌として成立するメロディ…
苦戦…

2009年10月19日 (月)

フレーズ固め…

知り合いの卒業作成の録音の為、普段コード譜見ながら、直感・習慣で弾いてるバッキング、ソロを固める事にした。
残る録音、しかも聴くのは音楽の専門学校の関係者さん、企業さん(レコード会社…)なんで、音楽的に小賢しい事をしても、仕方ないか…と思い、シンプルに音を選んでいった。
自分のフレーズを見つめなおして、組み直してふと「ネタ少な!」
練習、沢山人の作品等練習してフレーズのボキャブラリーを増やさないと…と反省しきり。

音を楽しむと書いて音楽なら、敢えて問いたい

よく音を楽しむと書いて音楽と言う人がいるが、敢えて問いたい…
音を楽しむと書いて音楽ならば、
神を楽しむと書いて神楽(かぐら)なの?
猿を楽しむから猿楽(さるがく)なの?
田んぼ楽しむから田楽(でんがく)なの?

音楽という言葉ができたのはたかだか明治時代からで、神楽や猿楽、田楽の方がかなり古いぜ。

楽という漢字の元が解れば意外と簡単に解るはずなんだけど…

2009年10月18日 (日)

人は見かけによらない…

先日の加藤和彦さんのニュースは、自分の中では、静か、かつ大きな衝撃だった。
彼の音楽は、サディスティック・ミカ・バンドの最初の再結成だった。

ボーカルはミカでは無く、桐島かれんさん。人形の様な綺麗な顔立ち…
Boys and Girls
という曲の華やかさと「Feel me 君は僕じゃない」
「Show me 僕は君じゃない」…
僕はこの歌詞に強く惹かれた。
何となく心に引っかかっていた疑問に強く答えてくれた詞だった。
確かこの時初めて
ドラムの高橋幸宏さんのタイトなリズムの上をなだらかに滑っていく歌声を聴いた。
「Boys用意された明日、Girl選ぶだけの今日(いま)」
「君が目覚める夜
歴史が動き出す」

10代の僕にはとても、シニカルかつポジティブなメッセージソングだった。

最初のサディスティック・ミカ・バンド、4畳半フォークの真反対でポップ全開
ロンドンでロキシーミュージックの前座で演奏しての衝撃、
ミカさんと離婚して、サディスティックスになって、教授(坂本龍一さん)もサポートした頃は知らない。
二度目の再結成、
木村カエラさんをボーカルに迎えたバージョンは、いいオジサンが可愛らしい女の子と…という程度で見ていたが、

選択のスマートさ、
ポップさは、フォークギターを担いでも、変わらなかった…

人は解らない。
涼やかな表情の裏で
静かに暗黒の闇が広がり、光を消してしまっていた事を
誰もその闇から、ポップの職人を救い出す事が出来なかった…

家猫とじゃれる…

夜、友人に電話中
近所で猫を飼っている家が夜だけ、外に出してるらしく、家から外に出た途端暖かい自販機の下、その近くにいた自分の足元で甘え出す。
い…いかん、溶ける
可愛すぎる…
人に普段から慣れてる猫なんで、俺の足を玩具か何かしらと間違えてか、くるくる回っている…
友人と電話しながら、思わず「ニャ〜」と
言ってしまった…
呆れる電話の向こう側…
許せ友よ
猫には勝てぬ…

2009年10月17日 (土)

完敗…

南海時代から、あぶさん好きでホークスを
応援していたが、やはり今年のクライマックス・シリーズも勝てなかった。
ホークスはクライマックス・シリーズには
本当に弱い。
過去一度もチャンピオンになった事が無い。
しかし野村監督に
試合前に「日本一になってもクビだ。」なんて選手達の前で号泣されたら、いくら何でも選手は発奮するだろう…
涙は戦術では無いだろうが…
行くなら、日本一になって「日本一になったチームに負けたんだから納得。」と思わせてくれ。
同じ鳥科の鷲さんよ…

2009年10月16日 (金)

長丁場…

今日は昼間、
音楽の専門学校の
生徒さんの
録音に参加する際の
プリ・プロダクション…
録音する音等、
最終形を作る作業を
昼間は作曲者と二人で録音する曲、
夕方はバンド編成で録音する曲、
計5時間、スタジオに籠っての作業…

アイディア出して
試して、実演して…
いつも頭を新鮮にしとかないと〜

2009年10月15日 (木)

久々にカクテル…

久々にカクテル…
久々にカクテル…
久々にカクテル頂きました。綺麗だけど、普段カクテルは呑まないので、若干気恥ずかしい…

2009年10月13日 (火)

学生時代、よく先生に指から鍵盤、ハンマーから弦と繋がってるイメージを持てと、言われていたが、なかなかイメージが持続しきれない…
もっとピアノと繋がらないと…
理屈じゃなくて、
ガツガツ弾いていこう…
ガツガツしたって、
「しつこい。」と
嫌われる訳じゃない
(苦笑)

2009年10月11日 (日)

ルノワール…

ルノワール…
ルノワール…
先日、スタジオへの道すがらショッピングモールに展示されていた、絵画…
ルノワールの淡い色使いに和む…

2009年10月10日 (土)

付け焼き刃は危険…

体調不良や、忙しさにかまけて、クラシックの練習を怠け、ライブの曲等、夏休み最後の日が続く様なピアノとの時間を過ごしたら、案の定、バッハのインベンションは、空中分解し、ソナチネもダイナミクスが死んでいた。
昔の矢野顕子さんみたいに、眠ってても指が勝手に動く位、練習・反復を繰り返さなければ…
弾けた!と頭でクリアしたと悦に入ってるだけじゃ、ダメだ。

DAWソフトに挑戦…

先日、ふとした話からお知り合いの所有しているDAWソフトの使い方を一週間お借りして、打ち込みの仕方を覚える事になった。
打ち込みにハマって、黙々とやってたのは、10年以上前で、当事の機材からしたら選択肢が10〜100に増えてるソフトを使いこなせるか…
最近、ピアノだけで〜からガラっと違うスタイルも並行して行う事に…
デジタル〜アコースティックまで、幅広〜く…
頑張れ、オレ…

2009年10月 9日 (金)

一日、専門学校生…

今度、大阪にある
某大手の
音楽専門学校の
スタジオで、
生徒さんの
録音に鍵盤で
参加する事に
なった。

ひょんな事から
知り合って、
一緒に音出してる内に卒業作成に
協力してくれとの事…ギター始めて2年、
曲を書き始めて1年の人なんだが、
「おぉ〜っ!」という曲、歌詞を書いてくる。
又、親に無理を言って専門学校に入れて貰ったんだから…と
貪欲でかつ、コード譜をお願いしたりすると、すぐに用意してくれる。
で、ちゃんと曲の
イメージを伝えようとしてくれる。
多少言い方が解らなくても、屈せずに
伝えようとしてくれる。
解ってくれない奴らが悪い…誰も解ってくれない…言葉で言わなくても解ってくれる…
みたいな雰囲気は
微塵も無い。
だから互いにちゃんとコミュニケーションを取る事が出来る。

只録音には先生が
ディレクターとして
付くらしい…

緊張するな〜

2009年10月 8日 (木)

摩訶不思議…

「私は適当。」と話す人に、「じゃあ鏡みたいに適当な人には適当に。真面目な人には真面目に今後は接しよう。」と話したら、
えらく驚かれた。
適当に対する人は、適当に相手されるのは、嫌なのだろうか?
自分は適当なのに?

2009年10月 7日 (水)

詩に曲を書いてみた…

久々に詩が先にある物に、曲をつけた。

歌が入る前提に
曲を書いた事は、
前々からあるが、
歌われる詞が既に
あるケースで書いたのは、いつ以来だろう。
アイディアが
固まらないまま
ピアノに向かっても、時間だけかかるな…と思い、頭の中で
大まかなイメージが
出来た時…
具体的には鼻唄で
メロディをある程度
練ってから、
ピアノに向かった。

歌だから、ピアノを
弾く様にメロディを
作れない…自分が
歌えないメロディは
作らない…とか
制約を自らに設けて
作ると、この制約の
中で作ろう…と
考えると、前向きな
引き算が出来る事を
知った。

詩を作った人から、
O.K.が出たので、
自分だけでなく、
人にも伝わる物が出来てよかった…

2009年10月 4日 (日)

意外な発見…

今、NHKで矢沢永吉さんの還暦ライブの本番の一部と、リハーサルが放映されている。

昔、坂本龍一さんが
矢沢永吉さんのツアーバンドに参加してた頃のリハーサルの様子を、
「顔近づけて、口で弾いて欲しいフレーズ歌いながらリクエストしてくるんだよね。」
と話してたが、リハーサルの雰囲気は変わって無かった。
因みに「時間よ止まれ」のレコーディングはピアノは教授です。

意外な発見は、矢沢さんは歌詞を、他の人に発注して作曲だけの歌が多いと言う事。
歌詞も「ヤザワ」と
思っていたが、かなり違っていた。

あぶさん 引退…

僕の生まれた年に
南海ホークスに
入団した景浦安武、
あぶさんが
本当に引退した。

初めて読んだのは
中学二年だった。
美術の授業で作った
マグカップのデザインは、あぶさんだった。
野球部だった僕は
あぶさんにあやかって酒を呑んで練習に
参加した事がある。
あぶさんみたいな
打球は当然
打てなかった。

お喋りな僕は、
あぶさんの
無口で背中と
行動で自らの信念を
表現する姿に憧れた。
色んなエピソードから人としての姿勢を
教わった。

書いてたら、涙が
出てきた。

瞑想する様な演奏…

先日、春先にあった坂本龍一さんのソロツアーの本人セレクトのベストテイク集(ライブ盤)が出ていたので購入した。
2枚組み、27曲で2800円…
安い…配信版はファン投票セレクトで1500円…

本人は今は、EU諸国をツアー中だ。

実際聴くと、和音も響きとしての音色、祈りの様なメロディライン、極端にテンポを落としたアレンジの為、
和音から和音に移行していく流れが明確で、ある響きから違う響きに変わる…和声の一部を変更して響きが移行していく…

作曲家としての教授を堪能しつつ、瞑想している様な感覚になるライブ盤だった。

風邪ってウザい…

体調も、戻りつつある。でも咳が始まると断続的に長くなる。
咳が長引くと頭がぼーっとして、だるくなる…
なんでこんなに長引くのか?

まだましなのは、
一度肺炎になった時の咳とは明らかに違う…
とにかく、病院行かな…

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31