リンク

  • 櫻井一雄の気ままなホームページ!
    素敵なギターと、独特の 世界観を持つ歌を綴る 櫻井一雄氏のHP。
  • サムロ・フォトクラブの活動発表のページ!
    渋いギターと、なんだか懐かしい感じに 浸れるTanny氏の参加されている、 フォトクラブのHP。
  • My Pure Heart
    お仕事の合間を縫って、写真の作品を発表されているお知り合いのサイト。僕自身インスピレーションを受ける写真が数多くあります。 写真については、一部、販売もされてらっしゃいます。
  • jkatz.net
    今、僕が最も敬愛しているミュージシャン、ピアニスト の一人。ジョナサン・カッツ氏の公式ホーム・ページ。 彼と会う時は、ほとんど音楽やピアノ談義。 そして、とてもいい人なのです。 彼のプレイと、人間性は、僕のお手本。
  • Cubic Sound Factory
    Cubic Sound Factory…常にパフォーマンスを続ける 積極的な、熱いユニット。ベース担当のふくっちょ君の サウンドの上をシャーマンの様なUmiちゃんのボーカル が舞う。二人のステージは儀式の様に神々しい。
  • ピアノの先生、つれづれ日記
    今、ピアノを教えて貰ってる先生のブログ。 出来の悪い僕の様な生徒に我慢強く、音楽を 教えてくれるタフな先生。 又バッハ~ジェフ・ベック…いや もっと音楽への理解の幅が広い! 尊敬します。はい。
  • 椿の小部屋
    以前、プライベートの録音に参加したバンドの ボーカルさん。繊細なんだけど気持ち一発の いさぎよいボーカルが魅力。
  • Tribal Voice Music
    知り合いの民族楽器奏者さんが立ち上げた、 音楽、落語、演劇etcのイベント等を企画、運営 するプロダクションの、熱いホーム・ページ。 インターネットラジオは、なかなかコアな内容。
  • Takashi-Satoshi XP SP2 web site
    僕が参加しているTakashi-Satoshi XP SP2というバンドのホームページ
  • 零細社長のプログレッシブ日記
    僕が参加しているバンド、Takashi-Satoshi XPSP2のボーカルさんのブログ。本人曰く「え~と、2006年の2月1日から、零細企業の代表取締役となった「おやぢロッカー」兼「プログレ歌詞評論家」兼「大阪市内さんぽ人」による、気まぐれ日記。 」
  • こんなんできました
    僕が参加させていただいているゴスペル・クワイアの シンガーunilambさんの、よだれが出るほど美味しそうな ブログ
  • FunkyベーシストマサキのHP
    情熱溢れるベーシスト、マサキ氏の熱いホームページ。
  • みほママのあったからいふ
    僕が伴奏させてもらっているゴスペル・クワイアに参加しているママさんシンガー、みほさんのあたたかな、日常。
  • 音楽の有る里
    音楽と子育ての二刀流、情熱的お母さんシンガー有里さんの愛に溢れたホーム・ページ。
  • naan
    関東で活躍している友人、sunaguchi氏のバンド。
  • Singer TETSUNARI
    シンガーTetsunariの活動や日々の想いを残していきます!!
  • 貴為和以
    超絶ギタリスト、ドイ氏の愛情溢れる日常。
  • 酒とバラの日常
    凄腕ドラマーyamaguchi氏の華麗なる日常。
無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

ライブ告知…

残暑厳しい折、
皆様如何
お過ごしでしょうか。
来月、9/1に
心斎橋にある
club vijonという
ライブハウスで
"Julie"さんという
シンガーさんの
サポートメンバー
として、
演奏に参加します。
出番は、21時位です。
お時間ある方は是非
遊びにいらして
下さいね。

〒550-0014
大阪府大阪市西区北堀江1-22マインズ北堀江地下1階

場所等は以下の
URLを参照下さい。
http:// vijon.jp

開場18:30
開演19:00
前売\1.500-
当日\2.000-
(別途ドリンク代:\500-)

2009年8月29日 (土)

宇宙(そら)へ…

宇宙(そら)へ…
今日は、久々に
映画を観た。
NASAの資料映像を
編集して作られた
「ROCKET MEN」
邦題は
「宇宙(そら)へ」

NASAの映像だけなので、
USAの宇宙開発の
歴史に特化してる為
旧ソニ連が、犬を乗せて
ロケット飛ばしたとか、
ガガーリンの名言
「地球は青かった」
というエピソードは
一切触れられ無かったとか、
旧ソ連に宇宙開発にかけて
遅れを取った為
宇宙船を地球の軌道上に
乗せ、更に有人飛行だった事に自信を持った
J・F・ケネディが
「1960年代までに、人類を月に送る!」
と公の場で発言した為、
8年で月に人類を送るべく急ピッチで
行われたとか、
サブカル的には
月面の映像は捏造とかは、
まぁ横に置いて
空の向こうに
何があるか、
自分の眼で確かめる…
視点をそこに
置けば、巨大な
政府が巨大な
好奇心の基に
動いた軌跡だった。

この映画、USA的だと思ったのは、成功した映像だけでなく、
失敗したり、人命が
犠牲となった事故も
出している。
失敗しても、前進するのだと言うコメントを大統領が言っている。
失敗しても、
やり続けるのだ…
なんかUSAな感じ。

2009年8月27日 (木)

やれば出来るの物…

やれば出来るの物…
産まれて初めて、
浴衣で演奏した。
やれば出来るもんだな。

2009年8月24日 (月)

今日は、予定なし…

今日は、何にも予定がない。
予定が無いって、
久し振り…
なんて、素敵な時間…

2009年8月23日 (日)

「愚痴」に関して…

前回の「愚痴…」は
偶々同じ様なケースが重なり、ウンザリしてしまった結果です。
決して特定の人物を指して書いた事ではありません。

「愚痴…」に出てきた人達が少数派であれば、仕方無いか…とも思うのですが、たまたま、周囲に同じ様な事が重なった為、書いた次第です。

以前、自分もオリジナルの録音で譜面も音源も用意せず
ドラムの録音で知り合いのドラマーをスタジオに呼び、録音の後で事前に資料を渡さずに叩けとは、あまりではないか。と、抗議を受けた経験があり、
過ちに気づき、
今後こういう事態が
起きない様に留意しているのですが、
たまたま、重なり、たまたまボーカルというポジションの人達が
同じ事を行ったので
書いてしまった次第です。
只、自分は間違った事は書いていない…
という思いはあります。
それまで一緒にやってきた楽器隊の人達は
優しい人達だったんだろうと思います。

あぁ、これで一緒にやろうって思ってくれてる人、減るな〜
ま、書いちゃったし
仕方無いか〜

2009年8月22日 (土)

愚痴ですが…

たまに、手伝いで
演奏する事がある。
音源が無い状態で、
コード譜がある…
これは行ける。
セッションで事前に
曲を聴かせて貰う事は皆無だから、
慣れている。

音源だけあって、
キーが現場で変わる
可能性がある。
若干ウンザリする。

音源は自分で探せ
キーは変わる。

ギャラを請求して
いいっすか?
と思ってしまう…

僕は了見の狭い
人間なんだろうか…

2009年8月21日 (金)

Yellow Magic Orchestra

かなり時間も経ってしまったが、
今更ながら
WORLD HAPPINESS09

WORLD HAPPINESSで、トリを飾ったのは
今回、一番聴きたかった
Yellow Magic Orchestra…

今回、誘ってくれた友から
「この為に来たんだよな。」と言われた。
そうだよ、この為に来たんだ。
この音を身体に浴びる為に来たんだ。

セットリストは
以下の通り

セットリスト
1:Hello, Goodbye
2:Rescue
3:Thousand Knives
4:The City of Light
5:Tibetan Dance
6:Supreme Secret
7:Still Walking to the Beat
8:Riot in Lagos
9:Rydeen 79/07
EC:Fire Cracker

1曲目、ビートルズのHello Goodbyeでぶっ飛ぶ。
カバー?マジっすか?そういや、昔All you need is Loveをやった事があると話に聞いた事がある。
今、この曲なんだ…
今、僕はここにいる。強烈に感じる。
細野さんが
ポール・マッカートニーが弾いていた
バイオリンベース弾いてる…

「Rescue」
細野さんがカリンバ弾きながらクールに歌う。音、フレーズの合間のスペースが気持ちいい。

「Thousand Knives」
イントロを聴いて、どよめく。テーマの後の和音が1拍、2拍で動くセクションで、教授が高らかに「PACE」
(イタリア語で「平和」という意味らしい。)
の旗を掲げる。
旗を掲げるという
行動は、8/9が長崎の原爆記念日だからなのか…
小山田圭吾さんのギターが、ノイジーでパンキッシュでかっこいい。
シンセリードみたいな音で、ライトハンドまで披露…
今回のステージは
生の音が占める割合が高い様な気がする。
その分音が熱を帯びている気がする。

「The City of Light」
ポップなピアノのリフレインが響く…
「変わらない路地…
変わらない影…」
ポップなサウンドにノスタルジーな歌詞…
あ、3人が歌ってる…
「Tibetan Dance」
去年はダライ・ラマのスピーチがあった。
細野さんのベースに対抗するかの様にドラムの幸宏さんのプレイもpupaの時と違って、
音数が多い。
しかも、全体的に
煽っている。
同じ人とは思えない程煽りたおしている。

「Supreme Secret」
Funky…
What is Love
What is Kiss…
What is Want…
記号化された詞、
でも響く…

「Still Walking to the Beat」
初めて聴いた曲
アッパーで、
生の音がガリガリ来るいっちゃってる…

「Riot in Lagos」
アフリカ音楽を
エレクトリックで
作ったとの曲…
トランスしました。
シンプルなメロが
複雑なタイミングで
織り込まれる
しかし、テンポが
速い!
持っていかれそ〜
あ、幸宏さん持っていかれそうになって、
上手く戻した!
スゲ〜

「Rydeen 79/07」
イントロが長い…
幸宏さんのHi-Hatが
アンビエントの中で
チッチキ…と鳴った
友人から、イントロが流れる度に「この曲は?」って、俺は
ドレミファドンの
解答者か!
チッチキチッチキ…
あ…Rydeenだ…来る
初めて聴いたんだ…
生で…あぁ…
全部ここから始まったんだ。

「Fire Cracker」
Yellow Magic Orchestraの1stアルバムは
この曲から始まったんだ…
19歳の時のライブの
最後もこの曲で終わったんだ…

また聴けるかな…
聴きたいな…

昔からの財産を大事にしながら、前を向いて歩いていこう
Yellow Magic Orchestraみたいに、
懐かしいだけで安直に古いスタイルを焼き直すだけの音楽は、
やらない様にしよう。常に今を生きて、今自分が感じる音を作っていこう…
話しながら、
静かに誓う。

2009年8月17日 (月)

ライブ告知です…

8/26、warungというバンドでライブがあります。

2009/08/26
開場:19:00
開演:19:30
チケット:\1.000-
(ドリンク代別)

会場
本町Mother Popcorn

場所等詳細については下記URLをご参照下さい。
http://www.mother-popcorn.com/

出演バンド
warung

お時間ありましたら、どうぞ遊びにいらして下さい。

相対性理論の曲を落ち着いて聴くと…

先のWORLD HAPPINESS 09で、初めて聴いた
相対性理論…
ライブではよく解らなかったが、落ち着いて聴くと悪くない…
悪くないというか、
好きかも知れない…

このバンドが、ムーンライダースとYellow Magic Orchestraの間にパフォーマンスするのに、なるほど〜っと
思えてきた。

演奏はチープに見せてコラージュの様にスタイルを使い分けてるし、歌詞も詞遊びの中に毒を含んで、でも
ジョークなんだから、笑いなよ。みたいな。
…すごいな。

休みなのに…

今日は、何だかんだで用事で朝から外出…
外出先でパソコン触るが、普段の仕事でパソコン触っていると、
ほんの小一時間でも、面倒になってくる…

移調って…

カバー等で移調するのは慣れているが、
自分の作曲した曲を
移調すると、妙な気分になる。
…そうか、コードとして押さえている響きも作曲の範疇に入ってるからか…

クラシックで移調なんて無いもんな〜
キーの選択も昔は
意味があったらしいし…

2009年8月16日 (日)

レスポール…

NEW YORKのJAZZ BARで演奏し続けた。
MTRの元祖を作った。レスポール・モデルというギターが世界中を駆け巡る。
本人は、ただただギターを弾いていた。
長い長い曲が、終わった…

あっさりが、丁度いい…

最近、食欲が無い分
たまにボリュームを食べると、胃は痛いは、変にテンション上がって、後でしんどくなるわで、余りガッツリ食べない様にしている。前は後先考えず、
食べていた。
きっとラグビーをやってた頃の癖で、夏合宿で倒れない様に食べていたんだろう…
もう合宿も無いし、
ただでさへ暑苦しいんだから、軽く夏バテ気味の方があっさりしてて、いいだろう。

2009年8月13日 (木)

スクランブル、ライブ…

キーボードを探していると、仲良くしているベースからの連絡に、軽い気持ちで、セッションO.K.の返事をしたら、8/26にライブをするので、出演してくれとの事…

今日のセッションで、スクランブル出演決定…
練習は1〜2回…
緊急だな〜
引き受けた俺も
俺だけど…

2009年8月10日 (月)

後からじわじわ効いてくる…

昨日のWORLD HAPPINESSのファーストアクト、mi-guさん。
最初はキュートと
思っていたが、
段々じわじわと
音色としての選択、
歌詞のフレーズの
入るタイミング等、
気持ちよさが
じわじわと脳に効いてきた。

相対性理論…

ムーンライダースと
Yellow Magic Orchestraの間に、
「相対性理論」というバンドが出演した。
知ってる人は、知ってるんだろうが、
僕は全く知らず、
「何故、このバンドがムーンライダースと、YMOの間に?」と
思っていたが、
知ってるオーディエンスが1曲目のイントロから盛り上がっていた。「Loveズッキュン」というらしい。
コケテッシュで、
舌ったらずな声で
サビの「Loveズッキュン」というフレーズが聴こえる。
これはクセになりそうだ。

後、「テレ東」という曲も披露していた。

大阪に帰ったら
よく聴いてみよう。

テクノは音色…

WORLD HAPPINESSで
Y.SUNAHARAがパフォーマンスした。

昔、電気グルーヴに
「まりん」として
参加していた人。

リズム、パッド、
ベースetc…
全ての音色が心地よい。

昔、坂本龍一さんが
「テクノは音色。」とコメントしていた。

そのよい手本だった。気持ちいい音色が
空に溶けていった。

2009年8月 9日 (日)

WORLD HAPPINESSで…

WORLD HAPPINESSで…
pupaのボーカル、
原田知代さんがかわいかったり
LOVE PSYCHDELICOが
YMOのNICE AGEを
ロック色濃い感じでカバーしたり、
高野寛が「虹の都へ」や、「夢の中で逢えるでしょう」を歌ったり、
スチャダラパーの
「今夜はブギーバック」を生で聴けたり
いとうせいこう氏が
ダブの上で、アジッたり…

楽しんでます。

そば湯サービス…

そば湯サービス…
新宿西口の富士そばは、そば湯が無料サービスで置いてある。
そば好きには、有難い…

今日は、東京、WORLD HAPPINESS!

今朝、東京へ着く。
新宿で適当に時間を潰して、新木場にある
WORLD HAPPINESSの会場へ…
トリを務めるは、
Yellow Magic Orchestra…
19歳の時、初めて東京ドームへ独りライブを観て、心を熱くしたあの日から17年…
今の3人からどんな音、アレンジが出るか
楽しみだ。
同じ事は2度とやらない人達だから。

2009年8月 8日 (土)

アイデン&ティティ

深夜の映画で、僕が18の時に、遭遇したバンドブームを題材にしたみうらじゅん原作、宮藤官九郎脚本、田口トモロヲ監督の「アイデン&ティティ」をやっていた。
みうらじゅんは、当事「大島 渚」というバンドをやっていた。
田口トモロヲさんは、パンクバンドをやっていたと聞いた事がある。
映画の内容は、身につまされる内容だった。音楽やってる男にとって、愛を与えてくれる女性は女神なのだ。
与えてくれる女性は貴重で、大事で、相手がやりたい事は認めるのだ。
胸がザワザワする映画だった。

ラストにボブ・ディランの「Like a Rolling Stone」が流れていた。
この曲、歌詞は身につまされるが、個人的にはグッと迫る曲だ。

2009年8月 7日 (金)

明日は花火大会どころじゃね〜よ

明日は淀川の花火大会だが、
そんなイベントには
関係無く、スタジオ…
スタジオが終われば22時発のバスで東京…
朝に着いて、
World Happiness…
横浜の友人宅で一泊し、朝9:40新宿発のバスで大阪へUターン…
持つか?持って。
自分自身…

2009年8月 5日 (水)

兄貴と豊中で再会…

先月の赤坂での
TOKYO BIGBANDの
ライブ以来の
兄貴、ジョナサン・カッツ兄の
ピアノトリオの
ライブを、
豊中にある
我巣灯(がすとう)
というJazz Barへ
聴きに行った。

アップライトの
ピアノだったが、
兄貴には関係無い様で
品のある音色を奏でていた。
兄貴のプレイは
常に進化している。
従来の技術の上に
更にアイディアを
乗せて、羽ばたいていた。
お嬢さんが産まれて
6ヶ月との事で
父親になった事も
あったのか、
深みを増していた…
兄貴の背中は、
まだまだ遠い…

2009年8月 3日 (月)

花火…

花火…
花火…
花火…
昨晩のライブは、
出演バンド唯一の
他府県からのエントリーだったが、
地元のバンドの方々が演奏を盛り上げて
下さって、最後には
急遽アンコールまで頂いて、
非常に楽しいライブだった。
対バンの中には、
山崎まさよしさんや、スガシカオさん等が
所属している
「オーガスタ」という事務所が主催する
ライブイベントに
参加するバンドさんもあり、
地元のバンドさん達は非常にレベルが高かった。

花火大会がクライマックスとの事で、
サッカー場サイズの場所に人が集まりだした為、
宿泊するホテルで
花火を観る事になる。
今年最初の花火は、
鳥取の白鳳祭…
夏祭りに花火と
久々に王道な夏を
体験した。

2009年8月 2日 (日)

今日の舞台は…

今日の舞台は…
今日の舞台は…
今日の舞台は…
今日は、鳥取でライブです。
久しぶりの野外ライブ。
しかし、広い…
普段はサッカー場らしい。
サッカー場でライブなんて、
ちょっと贅沢

2009年8月 1日 (土)

鳥取に前乗り…

明日、鳥取である
祭りで演奏する為、
本日昼過ぎから
大阪を出発し、
鳥取へ移動する。
演奏の後には、
花火大会があるとの事。

今年最初の花火大会は、
鳥取らしい。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31