リンク

  • 櫻井一雄の気ままなホームページ!
    素敵なギターと、独特の 世界観を持つ歌を綴る 櫻井一雄氏のHP。
  • サムロ・フォトクラブの活動発表のページ!
    渋いギターと、なんだか懐かしい感じに 浸れるTanny氏の参加されている、 フォトクラブのHP。
  • My Pure Heart
    お仕事の合間を縫って、写真の作品を発表されているお知り合いのサイト。僕自身インスピレーションを受ける写真が数多くあります。 写真については、一部、販売もされてらっしゃいます。
  • jkatz.net
    今、僕が最も敬愛しているミュージシャン、ピアニスト の一人。ジョナサン・カッツ氏の公式ホーム・ページ。 彼と会う時は、ほとんど音楽やピアノ談義。 そして、とてもいい人なのです。 彼のプレイと、人間性は、僕のお手本。
  • Cubic Sound Factory
    Cubic Sound Factory…常にパフォーマンスを続ける 積極的な、熱いユニット。ベース担当のふくっちょ君の サウンドの上をシャーマンの様なUmiちゃんのボーカル が舞う。二人のステージは儀式の様に神々しい。
  • ピアノの先生、つれづれ日記
    今、ピアノを教えて貰ってる先生のブログ。 出来の悪い僕の様な生徒に我慢強く、音楽を 教えてくれるタフな先生。 又バッハ~ジェフ・ベック…いや もっと音楽への理解の幅が広い! 尊敬します。はい。
  • 椿の小部屋
    以前、プライベートの録音に参加したバンドの ボーカルさん。繊細なんだけど気持ち一発の いさぎよいボーカルが魅力。
  • Tribal Voice Music
    知り合いの民族楽器奏者さんが立ち上げた、 音楽、落語、演劇etcのイベント等を企画、運営 するプロダクションの、熱いホーム・ページ。 インターネットラジオは、なかなかコアな内容。
  • Takashi-Satoshi XP SP2 web site
    僕が参加しているTakashi-Satoshi XP SP2というバンドのホームページ
  • 零細社長のプログレッシブ日記
    僕が参加しているバンド、Takashi-Satoshi XPSP2のボーカルさんのブログ。本人曰く「え~と、2006年の2月1日から、零細企業の代表取締役となった「おやぢロッカー」兼「プログレ歌詞評論家」兼「大阪市内さんぽ人」による、気まぐれ日記。 」
  • こんなんできました
    僕が参加させていただいているゴスペル・クワイアの シンガーunilambさんの、よだれが出るほど美味しそうな ブログ
  • FunkyベーシストマサキのHP
    情熱溢れるベーシスト、マサキ氏の熱いホームページ。
  • みほママのあったからいふ
    僕が伴奏させてもらっているゴスペル・クワイアに参加しているママさんシンガー、みほさんのあたたかな、日常。
  • 音楽の有る里
    音楽と子育ての二刀流、情熱的お母さんシンガー有里さんの愛に溢れたホーム・ページ。
  • naan
    関東で活躍している友人、sunaguchi氏のバンド。
  • Singer TETSUNARI
    シンガーTetsunariの活動や日々の想いを残していきます!!
  • 貴為和以
    超絶ギタリスト、ドイ氏の愛情溢れる日常。
  • 酒とバラの日常
    凄腕ドラマーyamaguchi氏の華麗なる日常。
無料ブログはココログ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月 5日 (月)

What Do You want?…

先日、職場の新人さんが

ヴィジュアル・ジョッキー(以下VJ)をしているという

話を聞き、一度DJ、VJと生楽器でセッションしてみたいという

気持ちがあったので、呑む席を設けてアイディアを話した。

DJにリズムトラックを出して貰う、VJとして映像を出せる

やろうと思えば、ダンスミュージックからエレクトロニカ+生演奏

という事も出来る。選択肢は多いが人間がやる事、

最終的には“What Do You want?”

次回までに具体的な音を出さなくては…

2008年5月 1日 (木)

理想の追求…

仕事としての音楽や、人のプロジェクトに

サイドマンとして参加する事以外において

人と組むのは、容易では無い。でも、

妥協して「取り敢えずこの人と組むか。」と

思った時点でそのチームは短期に崩壊するのかも。

寧ろ仕事では無いのだし、理想的な相手を

更に探してみてもいいんじゃないか?と思う。

音楽以外の事で揉めるには、

無意識にどこかで信用しきれないからだろう。

そりゃそうだ、セッションでもステージで

助け合ったり本番中の修羅場を共に

潜り抜けなければ

信用なんて、出来やしない。

でも、そんな事よりリップサービスしなくても、

同じ感覚や価値観の人とは、いないのだろうか?

多少違っても自分が素直に尊敬出来る人と

チームが組めいないのだろうか?

そんな理想を追っても決して罪ではないだろう。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31