リンク

  • 櫻井一雄の気ままなホームページ!
    素敵なギターと、独特の 世界観を持つ歌を綴る 櫻井一雄氏のHP。
  • サムロ・フォトクラブの活動発表のページ!
    渋いギターと、なんだか懐かしい感じに 浸れるTanny氏の参加されている、 フォトクラブのHP。
  • My Pure Heart
    お仕事の合間を縫って、写真の作品を発表されているお知り合いのサイト。僕自身インスピレーションを受ける写真が数多くあります。 写真については、一部、販売もされてらっしゃいます。
  • jkatz.net
    今、僕が最も敬愛しているミュージシャン、ピアニスト の一人。ジョナサン・カッツ氏の公式ホーム・ページ。 彼と会う時は、ほとんど音楽やピアノ談義。 そして、とてもいい人なのです。 彼のプレイと、人間性は、僕のお手本。
  • Cubic Sound Factory
    Cubic Sound Factory…常にパフォーマンスを続ける 積極的な、熱いユニット。ベース担当のふくっちょ君の サウンドの上をシャーマンの様なUmiちゃんのボーカル が舞う。二人のステージは儀式の様に神々しい。
  • ピアノの先生、つれづれ日記
    今、ピアノを教えて貰ってる先生のブログ。 出来の悪い僕の様な生徒に我慢強く、音楽を 教えてくれるタフな先生。 又バッハ~ジェフ・ベック…いや もっと音楽への理解の幅が広い! 尊敬します。はい。
  • 椿の小部屋
    以前、プライベートの録音に参加したバンドの ボーカルさん。繊細なんだけど気持ち一発の いさぎよいボーカルが魅力。
  • Tribal Voice Music
    知り合いの民族楽器奏者さんが立ち上げた、 音楽、落語、演劇etcのイベント等を企画、運営 するプロダクションの、熱いホーム・ページ。 インターネットラジオは、なかなかコアな内容。
  • Takashi-Satoshi XP SP2 web site
    僕が参加しているTakashi-Satoshi XP SP2というバンドのホームページ
  • 零細社長のプログレッシブ日記
    僕が参加しているバンド、Takashi-Satoshi XPSP2のボーカルさんのブログ。本人曰く「え~と、2006年の2月1日から、零細企業の代表取締役となった「おやぢロッカー」兼「プログレ歌詞評論家」兼「大阪市内さんぽ人」による、気まぐれ日記。 」
  • こんなんできました
    僕が参加させていただいているゴスペル・クワイアの シンガーunilambさんの、よだれが出るほど美味しそうな ブログ
  • FunkyベーシストマサキのHP
    情熱溢れるベーシスト、マサキ氏の熱いホームページ。
  • みほママのあったからいふ
    僕が伴奏させてもらっているゴスペル・クワイアに参加しているママさんシンガー、みほさんのあたたかな、日常。
  • 音楽の有る里
    音楽と子育ての二刀流、情熱的お母さんシンガー有里さんの愛に溢れたホーム・ページ。
  • naan
    関東で活躍している友人、sunaguchi氏のバンド。
  • Singer TETSUNARI
    シンガーTetsunariの活動や日々の想いを残していきます!!
  • 貴為和以
    超絶ギタリスト、ドイ氏の愛情溢れる日常。
  • 酒とバラの日常
    凄腕ドラマーyamaguchi氏の華麗なる日常。
無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

映画三昧…2

同じ日に観に行った映画が

「実録 連合赤軍」

http://wakamatsukoji.org/

日本の、高度経済成長と背中合わせの時代

戦後の日本から、経済大国日本へ大きく変貌を

遂げる中での、熱い時代。

高校時代、学生運動に過去身を投じた先生がいて

その頃の話を語る時だけ、2人の子の母目、

中年教師の目が爛爛と輝いていた時代。

そんな中の、連合赤軍の一派が浅間山荘に

立て篭もるまで、立て篭もる中を描いた映画…

反権力は、チームの中で権力を持つと、

集団の理想を追う為という大義名分を振りかざし

ここまで、利己主義的になれるのだ。

という感想を持った。

「この国を変える」大いに結構だが、そこに対する

対案が武装により革命である以上どんどん

追い詰められていく。

他のメンバーに許さない行為をリーダー達が

隠れて行ったり、どんどん利己的になっていく。

海外に飛んだ一派の方がまだ、純粋だったんのか?

と思わずやった事を横において、考えてしまった。

人の絆の脆さと強さを垣間見る映画だった。

映画三昧…

先日、久しぶりに1日映画鑑賞に費やした。

まず、「アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生」

http://annie.gyao.jp/

今を時めく女流写真家アニー・リーボヴィッツのキャリアの軌跡。

カメラに目覚めた少女時代、ライブ会場でライブを撮り続けた

ローリングストーン誌のカメラマン時代、

60~70年代のローリングストーンズのツアーに同行した

シーンがなかなか刺激的だ。

SEX,DRUG,ROCK'ROLLを地で行っている。

背景が真っ白の表紙を撮り続けた時代、

ポートレイトを撮り続けた時代、

ファッション雑誌にも取り上げられる様になり、

写真にコンセプトを持たせる為

セットにこだわり始めた時期。

時代時代と共に彼女のプライベートも

フィルムに収まる。

出産、育児、親の死、恋人との出会い、死別・・・

プライベートはさておき、作品へのモチベーションの高さ、

欲求の高さ。

ポートレイト、セット、アナログ、デジタル、彼女の前では作品を

作成する為のツールだ。

音楽の世界で言うとアコースティックであれ

デジタルであれ、生演奏であれ、プログラミングであれ関係無い。

その作り手が道具を手にし、作品を作ればその人の作品になる。

その道具自体の性能の限界もあるだろうが、

本人の作品になるし、

肝心なのは道具の性能よりも、

寧ろアイディアであったり発想。

それらを産み出す経験、キャリア…と、

色んな思いが浮かんだ。

最近の彼女の製作にかけるアクションと

周辺スタッフのリアクション

が黒澤 明監督のそれに似ていたので、

妙にに面白かった。

公開前から気になっていた映画でもあったので、

観る事が出来て、本当によかった(笑)

2008年4月14日 (月)

誘惑…

明日は、東京でピアノの盟友ジョナサン・カッツ氏のバンドのライブが
タレントであるタモリさんがオーナーの「J」で行われる。
観に行きたい誘惑にかられる。
肩は完治していないが、大阪で行われる予定は無さそうだし…
迷いに迷って、とうとう明日、カッツ氏のピアノは聴きたいが骨折して一ヶ月弱…大丈夫か?
誘惑にかられ、弱気が顔を出す午後の一時。穏やかなのは陽の光…

2008年4月12日 (土)

ケガの功名…

先日、ピアノレッスンでアコースティックピアノをケガして以来、久々に弾いた。
長年腕の重みを使って脱力させて弾きなさい。
と注意されていた事が左腕だけ出来ているという。
ケガして、力が入らないだけなのだけど力が入らない分、余計な力が抜けてスムーズで綺麗な動きになっているらしい。
何が上達のヒントになるか?解らないが、ケガのお陰で会得しそうだ。
何にでも、学びはあるものよ。と先生。
敵わない(笑)

2008年4月 8日 (火)

もう少し…と不安…

肩の回復も後少しなのか?
肩の筋肉の妙なしこりが無くなり、肩からたまに聞こえてきたボキボキッという音も止んできた。
後はレントゲンで確認した箇所がたまにチリチリッと痛む位。
ただ不安なのは、骨折してからアコースティックピアノを弾いていない。
デジタルピアノであれば軽く弾く事や指先のコントロールでダイナミクスもややつけれる様になってきた。が、アコースティックピアノだとこうは行かないだろうなぁ…
試してみたい誘惑と、弾けない時に焦り出すだろう自分…
甘やかしてる?

2008年4月 3日 (木)

携帯ウォークマン中毒

最近、自身の携帯に今持ってるCDを全て

移植、コピーしようとしている

本体のメモリーは1G。1Gにメモリーカードを

購入し、本体のデータを移植。

すっきりした本体に更に持っているCDのデータを

コピーする。コレクション感覚?

歩きながら聴いていて、たまに危険な時もあるけど、

辞められない…きっとMAXの4G必要だな・・・

日光浴…

骨をくっつける為
最近、牛乳・卵・魚をメインに食事を摂り、煙草の本数を減らしている。

更に知人なら薦められたのが、日光浴だ。
摂取したカルシウム、ビタミンDの働きを日光を浴びる事で促進させるとの事らしい。
晴れた日は出勤前の朝、休憩時の昼と
近くの公園で日光浴をたのしんでいる。
桜の花を見ながらぼんやり時をすごす。

今は、骨が元に戻るなら何でもやるさ…

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31