リンク

  • 櫻井一雄の気ままなホームページ!
    素敵なギターと、独特の 世界観を持つ歌を綴る 櫻井一雄氏のHP。
  • サムロ・フォトクラブの活動発表のページ!
    渋いギターと、なんだか懐かしい感じに 浸れるTanny氏の参加されている、 フォトクラブのHP。
  • My Pure Heart
    お仕事の合間を縫って、写真の作品を発表されているお知り合いのサイト。僕自身インスピレーションを受ける写真が数多くあります。 写真については、一部、販売もされてらっしゃいます。
  • jkatz.net
    今、僕が最も敬愛しているミュージシャン、ピアニスト の一人。ジョナサン・カッツ氏の公式ホーム・ページ。 彼と会う時は、ほとんど音楽やピアノ談義。 そして、とてもいい人なのです。 彼のプレイと、人間性は、僕のお手本。
  • Cubic Sound Factory
    Cubic Sound Factory…常にパフォーマンスを続ける 積極的な、熱いユニット。ベース担当のふくっちょ君の サウンドの上をシャーマンの様なUmiちゃんのボーカル が舞う。二人のステージは儀式の様に神々しい。
  • ピアノの先生、つれづれ日記
    今、ピアノを教えて貰ってる先生のブログ。 出来の悪い僕の様な生徒に我慢強く、音楽を 教えてくれるタフな先生。 又バッハ~ジェフ・ベック…いや もっと音楽への理解の幅が広い! 尊敬します。はい。
  • 椿の小部屋
    以前、プライベートの録音に参加したバンドの ボーカルさん。繊細なんだけど気持ち一発の いさぎよいボーカルが魅力。
  • Tribal Voice Music
    知り合いの民族楽器奏者さんが立ち上げた、 音楽、落語、演劇etcのイベント等を企画、運営 するプロダクションの、熱いホーム・ページ。 インターネットラジオは、なかなかコアな内容。
  • Takashi-Satoshi XP SP2 web site
    僕が参加しているTakashi-Satoshi XP SP2というバンドのホームページ
  • 零細社長のプログレッシブ日記
    僕が参加しているバンド、Takashi-Satoshi XPSP2のボーカルさんのブログ。本人曰く「え~と、2006年の2月1日から、零細企業の代表取締役となった「おやぢロッカー」兼「プログレ歌詞評論家」兼「大阪市内さんぽ人」による、気まぐれ日記。 」
  • こんなんできました
    僕が参加させていただいているゴスペル・クワイアの シンガーunilambさんの、よだれが出るほど美味しそうな ブログ
  • FunkyベーシストマサキのHP
    情熱溢れるベーシスト、マサキ氏の熱いホームページ。
  • みほママのあったからいふ
    僕が伴奏させてもらっているゴスペル・クワイアに参加しているママさんシンガー、みほさんのあたたかな、日常。
  • 音楽の有る里
    音楽と子育ての二刀流、情熱的お母さんシンガー有里さんの愛に溢れたホーム・ページ。
  • naan
    関東で活躍している友人、sunaguchi氏のバンド。
  • Singer TETSUNARI
    シンガーTetsunariの活動や日々の想いを残していきます!!
  • 貴為和以
    超絶ギタリスト、ドイ氏の愛情溢れる日常。
  • 酒とバラの日常
    凄腕ドラマーyamaguchi氏の華麗なる日常。
無料ブログはココログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月26日 (月)

悲愴…

一つの店をより良くしよう。

という意識は一緒なのだが、

偶にしか現場に来ないオーナーに

より良い店にする為の意見を言うのに、

去就を賭けなければいけないそうである。

その人は毎日店にいる。

オーナーから言わせれば、

無い知恵絞って考えるなら、

考えずにひたすら、俺に従え。

という事が本音の様だ。

そりゃそうか、自分がお金を

出して作った店だもの。

しかし、調査、理解が不十分だ。

「やりたい様にやって下さいよ。

で、痛い目を見なきゃ解らないんだから…」

「今までの経験から行くと、絶対社長は最終的に

投げ出す。」

長年働いている人達が話していた。

オーナーがいつも言っている言葉…

「絶対に絶対に、諦めない。」

どちらが本当なのだろう?

僕は社長とスタッフの間の、

スパイになればいいのか?

賢い人々…

賢い人達は、彼が作ったインフラを

上手く利用させて貰っている。

彼に対しては、とても遜ったアクションを

取りつつも、決して彼の部下として

働こうとしない。

犬…

結論としては、

自分に対して従順な人間、

人間じゃないか…犬が欲しかったみたいだ。

「今までの自分を全否定します。」と

総括したら、今までの全てが間違いで、

人間として、失格だった様に思えてきた。

それは、全てを捨てていないと言われたが、

そうとしか、取れなかった。

そんな感じでは、「楽しい。」という

アイディアは何一つ、浮かんでこない。

犬になるしかない…僕は人間ではない。

外からは窺い知る事も無いかもしれないが…

ワンマン…

たった一人で、一つの組織を築いた人は、

仕事において、とても尊敬出来る。

が、15年で一つの業界に一石を投じ、

一つの地位を確立した人でも、

後進を育てる事は得意では無いらしい。

従順に勤めてきた人間を本人の前では

信頼している様な口ぶりで話し、

本人のいない前では、信頼していない。

と話すのは…

それが、社会なのだろう。

もっと大人にならなければ、いけないのだろう…

2007年2月21日 (水)

ちょっと切ない話…

神戸の楽器屋さんには、当時一人

女性の店員さんがいた。

ビートルズの「レディ・マドンナ」だけは

弾ける。と、よく聴かせてくれた。

僕の2つ上の人で、当時社内恋愛を

していて、彼氏の仕事がかなり遅く、

かつペア・リングを買っても仕事上、

指輪をしていたら傷が付く。という理由で

指輪を付けてくれない。等よく愚痴を

聞いていた。

(僕は部外者だし、年齢も近かったから

言いやすかったんだろう。)

後に、震災後結婚するのだが、後に

店長さんから、震災を機に、彼と結婚した事を

教えてもらい、安堵したのだがその後

店長さんから「お前、今やから言うけど、あの娘

お前に乗り換えようかな~って言ってたんやで。」

と言われて、非常に狼狽した事を憶えている。

「お前は女心を解ってない。」とも言われた。

(今も、それには自信は無い。)

今日、その後の消息を聞くと、

結婚して3年で離婚したそうだ。

お子さんも産まれたのだが、離婚の際

お子さんも夫に取られたらしい。

自らお腹を痛めて産んだ子供を取られる

気持ちは、実際に産めないので解らないが

想像に絶する辛さだろうと思う。

彼女の幸せを祈ってやまない。

懐かしの顔…

楽器屋「リードマン」に行くと、

産まれて初めてレコーディングをした時、

レコーディングなど全く解らなくて、

独り焦っている僕に、

「全然大丈夫ですよ~。」とニコニコ笑って

対応してくれたエンジニアさんや、

(その笑顔や言葉ふが、どれだけ勇気づけて

くれた事だろう。)

ほぼ毎日来ては何も買わない僕を、

快く迎え入れてくれた店長さんが

昇進して、店に居てくれて、しかも

僕を憶えていてくれた。

特に、店長さんは震災後すぐ以来

会ってなかったので14,5年振りである。

開口一番「変わってないな~、顔昔のままや~。」

憶えていてくれたのは嬉しいが、

微妙に複雑(笑)。

学校、リードマン。

今日、仕事で久々に神戸に行った。

神戸にある、主要なライブハウスに挨拶に行き、

その道すがら、昔よく通っていた楽器屋さんに

挨拶に行った。

三ノ宮のセンター街にある「リードマン」という、

楽器屋さんだ。

学生時代、ピアノのレッスン以外の日は

ロクに学校に通わず缶コーヒー片手に、

音楽の話を聞いたり、新しい楽器や中古の

楽器を触らせて貰いに、よく通っていた。

(後に、そのツケはやってきたが…)

そこで音楽について、色々と教わった。

そここそが、僕にとって学校だった。

2007年2月15日 (木)

ライディーン…

最近キリンのクラシック・ラガーのCMで、

YMOが再結成した。しかも「ライディーン」を

演奏している。YMOは僕のルーツだ。

初めてライブに出たのも、YMOのカヴァーだった。

今、CMで演奏している「ライディーン」は

CMの為に新たに録音したものらしい。

メロディーラインは、おもちゃのピアノの様な音だった。

CMの中でも、坂本龍一さんはおもちゃのピアノを

弾いている。(下はシンセ。上はおもちゃのピアノ。)

翌日、何となくピアノでライディーンを久々に弾いた。

初めて、学祭でライブに出た時以来だ。

好きな気持ちは、色褪せない。昔のまま。

2007年2月14日 (水)

スタジオ…

先日、3月に知り合いがレコーディングを

したい。という事で、その下準備に

スタジオに久し振りに入った。

レコーディングの前にゴスペルの曲の

練習用カラオケを、リズム・トラックと

一緒に一発録音する。

一発録音なので、間違えたら最初から

やり直し。これは、結構緊張する。

最近は、コンピューターで間違えた所を

補正する事が当たり前なのだが…

これはこれで、結構鍛えられる。

間違えない様に弾こうとすると、

ポロッと間違える。

間違いが続くと、無間地獄の様に

同じ所でしくじる。

気持ちを切り替えて

1度だけその曲を練習する為に弾いた

練習の時の、歌声を思い出しながら

弾いた。すんなり弾けた。構成も

憶えていた。(つもり…)

録音でも、何でも、

楽器を弾く事は自分は、とても好きなんだ。

と再認識した。

再会…

ライブ・レポートの帰り、

本来であればライブを行うはずだった

寺田町のBWBというライブ・バーへ行く。

誘ってくれた出演者の皆がまだ店に残っていた。

ここの所、職場と仕事場の往復ばかりだったので

久し振りにホッとする。

ライブに出られなかったというのは、

やはりこたえる。

ライブ・レポート…

先日、産まれて初めて「ライブの取材。」

という名目で、ライブハウスに行った。

自ら写真を撮り、500字程度のレポートを

書く。

現場に着いて、そのバンドの営業の人(ソニー関連)から

「掲載される前に、写真と記事を送って下さい。」との事。

「かしこまりました。」と言いつつも、

内心「俺、初めて書くのに…ハードル上がったな~。」と

冷や汗を書く。

幸いだったのは、取材したバンドの音楽性が僕の好きな分野

だった事。

福岡出身の「ANA」というバンド。

今日やっと草稿を書き上げたのだけれど、

最初字数を気にしてなかったら、1000文字程書いて、

まだ終わって無かった。

500字程度に削ぐ事って何て難しいんだろう…

2007年2月 7日 (水)

地獄少女…

最近、帰宅時間が深夜の2~3時位だ。

そんな時に、偶々観て妙にハマッた

アニメがある。「地獄少女」だ。

こんな事を書くと「アニメおたく。」

と思われそうだが…

話の設定と、話の世界観に妙に惹かれる。

誰かを殺したいほど憎んだ時、

地獄少女に依頼をする。

その誰かを殺して、地獄へ送って欲しい時は

藁人形に結ばれた、赤い糸をその相手の

名前を呼びながら、解く。

しかし、誰かを地獄に送った際

依頼した本人も、死んだ際地獄へ

送られる。

憎しみは憎しみしか、産まない。

番組のエンディング・テーマも

無常観をそそられて、聴き入ってしまう。

2007年2月 3日 (土)

純粋…

僕を今の仕事に誘った、社長は

僕の事を「純粋」だと言う。

純粋…嬉しい反面、この言葉は

とても、危険な匂いがする。

企画…

ご存知の方はご存知だろうが、

最近、音楽の仕事に戻った。

以前は、スタジオでの勤務だったが、

今は「クラブ★ジャングル」の営業兼、

ブッキング兼スタッフだ。

後には、店全体を任す。という話で

今はスタッフの一員として働いている。

以前の仕事(音楽じゃない仕事)よりは

かなり、ハードだが充実しているのか?

そんなに疲れない。

但し、その分失う事も多い。

解っていたはずなのだが…

音楽は僕にとって、非常に

重要だ。

但し、音楽だけが全てでは無い。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31