リンク

  • 櫻井一雄の気ままなホームページ!
    素敵なギターと、独特の 世界観を持つ歌を綴る 櫻井一雄氏のHP。
  • サムロ・フォトクラブの活動発表のページ!
    渋いギターと、なんだか懐かしい感じに 浸れるTanny氏の参加されている、 フォトクラブのHP。
  • My Pure Heart
    お仕事の合間を縫って、写真の作品を発表されているお知り合いのサイト。僕自身インスピレーションを受ける写真が数多くあります。 写真については、一部、販売もされてらっしゃいます。
  • jkatz.net
    今、僕が最も敬愛しているミュージシャン、ピアニスト の一人。ジョナサン・カッツ氏の公式ホーム・ページ。 彼と会う時は、ほとんど音楽やピアノ談義。 そして、とてもいい人なのです。 彼のプレイと、人間性は、僕のお手本。
  • Cubic Sound Factory
    Cubic Sound Factory…常にパフォーマンスを続ける 積極的な、熱いユニット。ベース担当のふくっちょ君の サウンドの上をシャーマンの様なUmiちゃんのボーカル が舞う。二人のステージは儀式の様に神々しい。
  • ピアノの先生、つれづれ日記
    今、ピアノを教えて貰ってる先生のブログ。 出来の悪い僕の様な生徒に我慢強く、音楽を 教えてくれるタフな先生。 又バッハ~ジェフ・ベック…いや もっと音楽への理解の幅が広い! 尊敬します。はい。
  • 椿の小部屋
    以前、プライベートの録音に参加したバンドの ボーカルさん。繊細なんだけど気持ち一発の いさぎよいボーカルが魅力。
  • Tribal Voice Music
    知り合いの民族楽器奏者さんが立ち上げた、 音楽、落語、演劇etcのイベント等を企画、運営 するプロダクションの、熱いホーム・ページ。 インターネットラジオは、なかなかコアな内容。
  • Takashi-Satoshi XP SP2 web site
    僕が参加しているTakashi-Satoshi XP SP2というバンドのホームページ
  • 零細社長のプログレッシブ日記
    僕が参加しているバンド、Takashi-Satoshi XPSP2のボーカルさんのブログ。本人曰く「え~と、2006年の2月1日から、零細企業の代表取締役となった「おやぢロッカー」兼「プログレ歌詞評論家」兼「大阪市内さんぽ人」による、気まぐれ日記。 」
  • こんなんできました
    僕が参加させていただいているゴスペル・クワイアの シンガーunilambさんの、よだれが出るほど美味しそうな ブログ
  • FunkyベーシストマサキのHP
    情熱溢れるベーシスト、マサキ氏の熱いホームページ。
  • みほママのあったからいふ
    僕が伴奏させてもらっているゴスペル・クワイアに参加しているママさんシンガー、みほさんのあたたかな、日常。
  • 音楽の有る里
    音楽と子育ての二刀流、情熱的お母さんシンガー有里さんの愛に溢れたホーム・ページ。
  • naan
    関東で活躍している友人、sunaguchi氏のバンド。
  • Singer TETSUNARI
    シンガーTetsunariの活動や日々の想いを残していきます!!
  • 貴為和以
    超絶ギタリスト、ドイ氏の愛情溢れる日常。
  • 酒とバラの日常
    凄腕ドラマーyamaguchi氏の華麗なる日常。
無料ブログはココログ

トップページ | 2006年2月 »

2006年1月30日 (月)

ちょい不良オヤジ?

最近発覚した東横インの不正改造問題で、

記者会見した社長のコメントに久々に

ずっこけた。記者会見の全貌を見てないんで

ニュースの限られた時間帯で編集されたであろう

会見の映像から、全てに対して批判するのは

「?」かもしれないけど、大体会社が不正なり、

何なりで記者会見で謝罪する際よくトップ以下が

頭を下げるシーンから始まるものの、今回は

社長の悪びれた様子も無く

「条例違反しました。すいませんでした。」

から編集された映像が電波に乗った物だから

「おいおい~。」と思ってしまった。

東横インって本当に何処にでもあって、

僕自身一時期京都で活動してた時に

電車無くなった時に、余裕があったら

泊まってみようって思ってた程

リーズナブルなホテルだったけど…

「障害者の団体さんも利用していただいて

たんで、会社としては障害者が嫌いな事は

無いんですよ。」なんてコメントも放映されてて

「あんたのホテルが安いから、トータルのコストで

選択したんじゃないの?サービスを提供する側が

お客様の好き、嫌いうんぬんはタブーなんじゃないの?」

と思ってしまった。でも、まあ実際政府が奨励している

ユニバーサル・デザインってコンセプトの本質が一部で

浸透していないんだな~っていう現実の解り易い事例

なんだろうな~っとも思ったけど。

ヒュ-ザーの小嶋社長は登場した時からメディアが

いらいやすい、ある種プロレスの悪役位解り易い

人が出てきたな~って思ったんだけど、今回の

東横インの社長も、なかなか負けない位の

インパクトはありました。小嶋さんに比べると

印象も、本人の意識も「ちょい悪かった位?」

って感じだったんで今回のタイトルは

「ちょい不良オヤジ。」

話変わって、先日知り合いの方から紹介された

ヴォーカルさんがいて、その人の仕事が

コピーライターで、その人と話してると

結構自分の中のアイディアが出てきます。

この人、仕事も言葉を使う仕事なんだけど

過去、脚本を書いたり趣味は俳句を作る事

だったり…言葉から離れない人で、かつ最近

歌を始めて、マジになってるんだとか。

で、オリジナルもやろうって話になった時に

只曲書けました。歌詞書きました。じゃなくて

最初に原稿用紙1枚とか俳句一首とかに

作品の根本を作って、そこに書かれた

イメージを膨らませて作品を作ろうって話で

盛り上りました。イメージを表出させる根本に

制限を与えないと、そこで完結してしまうし

制限を与える事で俳句の様にイメージを

受け取った側が各自なりに想像する余地が

出てくる面白さがあるんじゃない?って

話でえらく盛り上りました。互いに歌の、ピアノの

技量はまだまだだけど、久々に互いのカテゴリー

からアプローチして同じ物を作っていくという

創作意欲が沸き立つ、企画でございます。

もうちょい時間がかかるけど、面白い感じ

になりそうな予感…

2006年1月28日 (土)

出雲の阿国…

最近、昼間に仕事をするようになってきて

最近ドラマとかちょくちょく観るようになってきました。

最近、楽しみに観ているドラマの中にNHKの

「出雲の阿国」があります。確か有吉佐和子さんの

原作を読んだのは19の頃位で、丁度YMOが

再結成して、ライブを東京ドームで2日間だけやるを

東京まで観に行った旅路に読んでたと、記憶してます。

原作の阿国はドラマの菊川玲さんが演じている、

イメージよりも逞しく、美しい…肉感的なイメージだったと

記憶してますし恐らくドラマで舞われてる踊りよりも

実際はセクシャルな踊りだったろうな~。と思います。

前々回の話で、一座に入りたがる阿国を慕う

農村の女の子のお婆さんが

「芸人なんて、根無し草や。家の孫には阿国、お前の

様に傾いた生き方をして欲しくないんじゃ。」

という台詞があって「根無し草」というキーワードに

ドキッとしました。僕自身ずっと言われ続けてる

言葉なんで(苦笑)。実際確かに「根無し草」…

ご存知の様に「歌舞伎」の開祖と言われる阿国。

彼女が河原で町人相手に色気のある踊りを

踊っていた事が、まさか芸術にまで

なるなんて、本人も思っていなかっただろうし、

当時は芸人なんて当時の幕府さへも職として認めて

いなかっただろうから日々の生活は

本当に木戸銭だけで、決して裕福ではなかっただろうけど、

彼女自身のバイタリティや楽しく生きていく力は、

当時19歳だった僕には凄く、魅力的に思えました。

今ドラマを観ながら、もう一度

原作を読み返そうかな~って、思ってます。

2006年1月23日 (月)

天使がやってきた。

身内自慢というか、気恥ずかしい話なのですが

先日より弟夫婦が家に来ていて、僕からしたら

姪にあたる、「小春」も家に来ています。

彼女が家に来ると、彼女中心で家が回りだし

いつもは静かな家に、彼女の笑い声や泣き声が

こだまし、賑やかになります。

まだ僕が珍しいのか?僕を見かけると好奇心

いっぱいの眼で見てきます。この仕草には

蕩けてしまいたくなる位、参ってしまいます。

まだ1~2歳だと思うのですが、その瞳は

キラキラと輝いていて、彼女の未来は

本当に明るい。って感じます。

(親バカ以上だな~。)

彼女が家に来たのは、僕にとっても

刺激になったのか?僕らしくない妙に明るい

フレーズが出てきました(笑)。

2006年1月21日 (土)

気付いた言葉…

たまたまだったんだけど、TVで

北野 武さんと小説家の大江 健三郎さんが

話をしていて、その話題に大江さんの息子さんの

作曲家、大江 光さんがここ数年曲を

書いてなかったが、最近また書き出した。

という話題がありました。その話題の中で、

武さんが「『TAKESHI‘S』を作リ終えてさ、

今までの映画を一区切りとして12作は

夢中で作った。で辞めようと思ったんだけど

最近休みの時に、ヒッチコックとゴダール、

フェリーニを全部観た。映画作ろうって

思ったよ。」とコメントしていました。その時の

武さんのコメントと表情…僕の意識が久々に

ガバッと起きた感覚がしました。

何かを生み出すには、自分にインプットして

そのインプットした物と自己の意識が、反応して

アウトプットから出る。又出そうとする。

翻り、僕は最近インプットしていない…手法の

インプットじゃなくて、意識へ働きかけてくる様な

強烈なインプットを。

前は結構狩りをする様に、映画を観たり本を

探して読んだり…がっついてたのに最近は

自分の中だけで、何か完結していたんじゃないか?

自分の中だけで、上手く纏めてしまってたというか

…武さんのそのコメントの後の表情が、確信を得た

様に見えました。何か静かに決断した時の様な

表情、眼の光…久々にドキッとする映像でした。

余談ですが、僕はコメントの中に出てくる

ヒッチコックでは「サイコ」しか観てなくて、

ゴダールは「勝手にしやがれ」しか観てなくて、

フェリーニは「道」と「フェリーニの道化師」しか

観てないんだけど、「フェリーニの道化師」は

僕の中で、一番印象に残ってます。

個人的には、結構好きな映画です。

内容は…フェリーニ監督はサーカスと

祭りが好き。そしてスポットライトを当てた

ピエロ達の…

ドキュメンタリー・タッチなんですが、興味が

あったら、是非。

http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD11598/index.html

2006年1月19日 (木)

刺激的な1日…

今日は、知り合いのシンガーでこのブログにも

リンクさせていただいている「音楽の有る里」

の有里嬢とライブの打ち合わせと

楽曲のアレンジの方向性を決める作業を

自宅で行いました。彼女が用意した曲には

日本の曲もあって普段、何気に聴いている

楽曲でも、実際自分で弾いてみると

色んな発見があってなかなか面白いもので、

最初の作業もお互いの意見を出し合いながら、

ピアノで確かめたり、軽く歌って貰ったりして、

中々充実した内容の濃い作業でした。

元々僕は絶対音感も無ければ、譜面を読んだ

だけでイメージ出来る程器用では無いので、

ピアノで確かめながらイメージしていく方が

やりやすい。今日は初日という事もあったし

初見って事もあってメロディと伴奏の音が

交通事故の様にぶつかってしまう事もあったけど

これからじっくり練って、この2人にしか出来ない

(言い過ぎかな?)ステージを作る事が出来れば…

と考えてます。そうそうライブは「母の日」らしく

5月14日だそうで…この日は僕、誕生日です(笑)。

その後、このブログのリンクに登場されている

yamaguchi氏、ドイ氏、マサキ氏と組んでいる

バンド「バイオン・キング」の今年初の練習。

ここの練習はノッた時にはノッて、抑える時には

抑えないと振り落とされてしまう、かなりアツい状況。

今日はいつにも増してドイ氏のギターがかなり唸りを上げ

yamaguchi氏のドラムも加速し、そんな中マサキ氏も

グリグリと入ってきたのでバッキングをしていて

グッと来る一瞬もあり、なかなかアツかったです。

今年はこのバンドもお披露目出来そうな感じに

なってきたので、練りこんでまた違った一面を

お見せできるかと、思います。

しかし、今日はかなりミュージシャンな1日。

こんな脳を刺激される日が毎日続けば

いいんだけどね(笑)。

2006年1月17日 (火)

あれから、11年…そして神戸…

今朝、起きて、あの震災から11年経ったんだな…と

思いました。当時僕はあの日の前日の最終電車が走る位

まで、神戸の三ノ宮にいました。その日はスタジオに入って

友人が住んでいる摂津に遊びに行くか、そのまま家に帰るか?

ギリギリまで悩んだ挙句、摂津の友人宅に遊びに行ったんです。

最終電車で。で、友人宅で深夜の3~4時まで呑んでいて、

そのまま寝入ってしまいました。起きたら

(地震の時も起きたんだけどまた、すぐ眠ってしまったそうです。)

TVで地震直後の風景が流れていました。最初、僕は

「凄い地震だな~。どこの国なんだろう?」と思っていたのですが

倒壊した建物に「神戸-大阪…阪急…」という字を見つけ、

その風景が三ノ宮だという事に気付きました。案の定

電車、通信はストップしてしまい自分の家に帰るのに1週間

かかりました。神戸で参加していたバンドメンバーと

明石で再会し、近況を尋ねると長田で工場を経営していた

父を持つヴォーカルは、工場は炎上したが家族は無事

だったとか、ギターはすぐに当時付き合っていた彼女を

探して元町の避難所で会う事が出来た等、リアルな

エピソードが続き、「大阪にいたんで…」とは中々話せない

感じでした。

丁度その時は大学は試験前。学校側は

予定通り試験を実地する事を発表し、瓦礫がまだ残る

神戸の街から再度大阪へ、向かう事となりました。

この時、僕は何故か、自分の眼で確かめようと思い、

神戸の西にある板宿という町から兵庫県の芦屋まで、

(当時、神戸市営地下鉄は板宿駅までしか、復旧しておらず

バスでJR芦屋駅まで移動して、大阪へ向かう。という

ルートだったと思います。)徒歩で何時間かかったか?

記憶は定かではないんですが、地面に垂れた電線、

割れた歩道の中、一歩一歩歩いていったと思います。

三ノ宮では、何故かパチンコ店が営業を再開していて

景品の棚に水が所狭しと置かれていた様に記憶してます。

避難所暮らしでは、お父さんも時間を持て余してたんだろう

けど、廃墟の中パチンコ店が稼動していたのは奇妙な光景

でした。

去年の年末、仕事で久し振りに神戸に立ち寄った際

不思議な感覚に襲われました。住んでいた当時(10~18歳)

は、神戸に対して「自分はよそ者。」という気持ちが強くあって、

神戸という街にとっつきにくい感じがあったのですが、最近

行くと非情に懐かしいというか、愛情みたいな感じというか…

街中を歩いていると、色々な思いを神戸に対して抱いて

歩いていた街並みがとても優しく感じられて、郷愁なのかな?

とても心が落ち着きました。今は好きな街の一つには「神戸」は

挙げる事が出来ます。

因みに、京都は未だにとっきにくいです。嫌いじゃないけど、

好きでも無くなったかな。

夜景…

僕の好きな風景の一つに「夜景」があります。

以前は、六甲山から見える神戸の「100万$の夜景」

みたいな、賑やかな夜景が好きだったのですが

最近は、深夜の高層ビルのような少ない光の夜景に

心奪われる時があります。前は深夜に十三大橋を

自転車で渡る時、よく途中で自転車を降りて、

新大阪周辺の高層ビルの夜景を観ていました。

賑やかな夜景で、一つ気に入っているのがまだ1度

しか観ていませんが、近鉄で鶴橋から生駒へ向かう

車中の中で観た大阪の夜景。丁度電車が生駒山を

登る時に、車体が空へ登る感じになってその車窓から

斜めに夜景が観えてきます。これはオススメ。

2006年1月16日 (月)

ピアノ…

リンクにある、「音楽の有る里」の有里さんの所に

ピアノが届いた様で、自分のピアノが家に来た時を

思い出しました。学生時代、最初に音楽とピアノを

教えていただいたシルヴァン・ギニヤール先生に

習い始めて3年目、それまで家では

ピアノ・タッチのキーボードで練習して、先生の

研究室では先生のピアノでレッスンを受けていた

のですが、ある日「君は本物のピアノで練習する必要

がある。」と言われ、先生の知り合いの方から安価で

ピアノを譲り受ける約束を取り付けていただきました。

そのピアノは昭和38年製のヤマハのピアノで、今は

ペダルは3本なんですが、アップライトの真中のミュートが

無いバージョンなので、家のピアノのペダルは2本です。

当時の僕の一人暮らしの部屋は、ワンルーム・マンション

の中にシンセにエフェクター、ミキサー、果てはマイクと、

機材がゴチャゴチャとした空間でした。そんな中でピアノ

は堂々たる風格を持ち、僕の部屋の唯一の窓の横の

ピアノを弾いて、窓を向くと淀川の河川敷と、川向こうの

樟葉の街並みが見える所に置かれ、時間のある日には

起きてからほとんど一日中、ピアノを弾いてた時もありました。

(正に松本霊士先生の「男おいどん」みたいな格好で…)

そういや、最近あの頃の様にガツガツピアノを弾いてないな~

思い出してきたんで、またガツガツ弾こうっと。

2006年1月14日 (土)

東京…

最近、東京の風景を観たりイメージしたりすると、

懐かしかったり、甘美な気分になったりします。

ここ数年は裏ハラのオープン・カフェで野球談義や

音楽談義をした後、ブラブラと神宮外苑を歩き野球を観に行ったり、

御茶ノ水の楽器屋街を徘徊し、立ち食いそばの店に

ブラっと入ったり、池袋のドトールでカメラマンをやっている

友人の「今日も、風俗店のお姉ちゃんの取材やねん。」

という愚痴を聞いたり、果ては仕事帰りの友人の代役で、

近所のスーパーで買い物をしたり、バイトする訳でも無いのに、

店先にバイト募集の紙が貼ってあるのを見ると

条件とかチェックしてしまったり…と観光とは、ほぼ縁遠い行動を

東京に行った時にしています。でも、こんな散策の中で見かけた

風景をTV等で見かけると、妙に懐かしいというか、別に生活していた

訳でも無いのに不思議な感覚におそわれます。今更東京で一花!

なんて感じでもないし、その反面東京なんて!という関西の人に

ありがちな感覚も無いんですが、もしかしたら生活のシミュレーション

だけでなく、実際ブラっと住んで見たい。という欲求にかられている

のかもしれません。でも、本人自身は現実感は無いんだけど。

「街の魅力は、そこに誰が住んでいるか?」という話を聞いた事が

あるけれど、それは今住んでいる場所にも、東京にも魅力的な人は

住んでいるし、比較なんて出来やしない。正にタイトル通り、「逃避行」

なのかも(笑)。でも、全てが一段落したら一度住んでみたいな…

2006年1月12日 (木)

曲作り…

久々に、曲を書いてみました。

今までは、書いたら譜面とかに残さず

録音してもらって、詞を載せて

貰っていったのですが、今年から

せめてメロディとコードの譜面は

作ろうと思い、実は苦手な譜面を

書くという事をやってみました。

やはり譜面に書くと、自分の癖が

よ~く解ります。普段はフンフンと

鼻歌交じりに曲を書いて、そのまま

なのですが、自分のメロディを譜面に

起こすと、結構ワン・パターンだったり…

それを払拭すべく書き直すと、不自然

だったり…交響曲を手書きで書いたり

できた、先人の作曲家への敬意が更に

深まりました~。

2006年1月10日 (火)

カラオケ熱唱~。

先日、僕が参加させていただいている

ゴスペル・グループの新年会に顔を

出して来ました。で、2次会は久々に

カラオケ…お酒の力も手伝ってか

若干熱唱モードになってしまいました。

最初にピアノと音楽を教えてくれた

師匠から、「伴奏する時は、その歌を

歌える様にしておきなさい。」と教えて

貰っていたので、密かに歌える様に

(口ずさむ程度だけど…)していたのが

よかったのか?歌い終わった後、

「ピアノ辞めてゴスペル歌え。」とか

「次回は1曲リードを取れ。」との

お褒めの言葉を貰ったのですが、

何せ僕の歌は、あくまでカラオケで

自分の発散位のもので、人様の前で

歌える様な代物では、ございません(笑)。

っつ~事で、人様の前で歌う事は

この場で丁重にお断りさせて

いただきま~す。

2006年1月 9日 (月)

初めての…

遅ればせながら、初めてブログという物に

書いています。普段はフラフラ生きている

傍ら、鍵盤弾きとして音楽をやっているのですが

ここではザックバランに色んな事を記していこうかな

と思ってますんで、どうぞ宜しく。

トップページ | 2006年2月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31